青果鹿『朗読劇 楢ノ木大学士の野宿』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

青果鹿

『朗読劇 楢ノ木大学士の野宿』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年12月24日(土)〜12月29日(木)
会場 高井戸 青果鹿スタジオ
〒168-0081 東京都杉並区宮前1-19-14ワトミ8号館地下1階
PR・解説 地質学、鉱物学、古生物学など、様々な分野に精通していた宮沢賢治の、その驚きの知識が凝縮された『楢ノ木大学士の野宿』を、生演奏とともにお届けする青果鹿初の朗読劇。
ストーリー 楢ノ木大学士は宝石学の専門だ。
ある晩大学士の小さな家へ、
「貝の火兄弟商会」の、
赤鼻の支配人がやってきた。
「先生、ごく上等の蛋白石(オパール)の注文があるのですがどうでせう、お探しをねがへませんでせうか。もっともごくごく上等のやつをほしいのです。何せ相手がグリーンランドの途方もない成金ですから、ありふれたものぢゃなかなか承知しないんです。」

赤鼻の支配人の依頼を受けて、
楢ノ木大学士は宝石を探しに、
上野駅から葛丸川の川原へと赴きます。
そして、蛋白石を探して、どこまでも川を溯りました。
ところがたうとう夜になり、
河原の石ころも赤やら黒やらわからなくなって、
大学士は大きな石の上に野宿をします。
すると、向こうの黒い四つの峰が、
だんだん地面からせりあがって来ました。
それは四人兄弟の岩頸、ラクシャンの四人兄弟でした。
俄かにラクシャン第一子が
雷のように怒鳴り出しました。

「何をぐづぐづしてるんだ。潰してしまへ。灼いてしまへ。こなごなに砕いてしまへ。早くやれっ。」
スタッフ 宣伝写真 原田景子/製作 青果鹿
キャスト 出演 白石里子/演奏 中村明子
お問い合わせ 青果鹿
03-6240-1153
shika@seikashika.web5.jp
青果鹿ホームページ

チケット発売日

2011年11月26日(土)

入場料金

1,500円(全席自由・税込)

(前売・当日ともに)

チケット発売窓口

青果鹿 03-6240-1153

チケット販売サイトへ

カンフェティチケットセンター 0120-240-540
平日10:00〜18:00

公演日程

2011年12月24日(土) 〜 12月29日(木)

上演時間 約1時間

2011年12月

18 19 20 21 22 23 24
  •  
  •  
  • 18:30
25
  •  
  •  
  • 18:30
26
  •  
  •  
  • 19:30
27
  •  
  •  
  • 19:30
28
  •  
  •  
  • 19:30
29
  •  
  •  
  • 19:30
30 31

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=22975

トラックバック一覧