Charge『RYUGU』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Charge

Charge vol.8

『RYUGU』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年1月13日(金)〜1月15日(日)
会場 シアターVアカサカ
〒107-0052 東京都港区赤坂2-16-9
PR・解説 Charge(チャージ)は女性ばかりのプロデュース型ドラマティックライブカンパニーです。ドラマを中心にしながらさまざまな舞踊、舞踏、ダンスを融合させるエンタテイメントショーは衝撃的に物語の核心をうつしだします。ユニット代表で構成・振付を担当する藤林美沙はあくまで身近な物語性にこだわります。新作「RYUGU」で描くのは新しい現代の龍宮伝説。2年前大阪で上演し、喝采をあびた感動の話題作をリメイク版でお届けします。
ストーリー 海洋人類学者の八島が、海に潜りたどり着いたのは、幻の文明国家「龍宮」だった。そこで八島はもう生きているはずのない何人かの女たちと出会う。八島は女たちと言葉を交わすうち、女たちの一人、琴音が首にしているきれいな首飾りの力のおかげで女たちが今なお生き続けていることを知る。
そして、八島と琴音たちとの宴が始まる。楽しい時間。しかし、八島が開けてはならないと言われた扉を開いた時から、事態は一変する。扉の向こうには、乱立する鍾乳石。鍾乳石をよく見ると、それはなんと人の姿だったのである。1万2千年前、大きな戦争が起こり、とてつもない爆弾が、文明もろとも海に沈ませたのだった。そのことを知らずに生き長らえていた琴音たちは、嘆き悲しみに暮れる。憎むべきは全てを滅ぼした科学の力。彼女たちは、首飾りを捨てることを決意。八島の説得に耳を傾けることなく、滅びの道を歩むことに…。
スタッフ 構成・振付=藤林美沙/脚本=吉谷光太郎/演出=佐々木智広(Afro13)/音響=中島聡(カムストック)/照明=浜崎亮(LUPO)/舞台監督=広瀬次郎 ほか
キャスト 藤林美沙/谷えりか/浦田雅世/松本藍果/李順和/李明熙/砂田理紗/荻野恵理/本坊綾子
お問い合わせ Charge
090-4754-6330
charge@kaedeleaves.com
ChargeWEB

チケット発売日

2005年10月30日(日)

入場料金

前売3,800円/当日4,300円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

Charge 090-4754-6330

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2006年1月13日(金) 〜 1月15日(日)

2006年1月

8 9 10 11 12 13
  • 19:30
  •  
  •  
14
  • 15:00
  • 19:30
  •  
15
  • 13:00
  • 17:30
  •  
16 17 18 19 20 21

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2302

トラックバック一覧