劇団室生春カンパニー『リア王』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団室生春カンパニー

劇団室生春カンパニー第69回本公演

『リア王』〜戯れと嘆きのロマンセ〜

  • 公演中
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年12月1日(木)〜12月4日(日)
会場 新宿シアターモリエール
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-33-10モリエールビル2F
PR・解説 衝撃と絶望が世界を遮り、自ら宿した希望を拳のウイキョウに灯して、夏の舞台は正に勇気と希望の詩を厳かに高らかに歌い上げました。しかし未だ見通せない鉛色の雲の向こうに、どうしても鮮やかなる風穴を開けたく、ここに渾身の12月公演を行います。それこそ鬱憤晴らしか、いつもの気紛れか、劇団29年目にして本公演では初めてのシェイクスピア劇上演と相成りました。普段、浴びるほど楽しませて頂いているシェイクスピア戯曲ですが、いざ、公演となりますと背筋に激痛が走るほどの緊張感に覆われる始末。原作のままに立体化するも、縮約、脚色するも畏れ多いシェイクスピア作品ですが、来年節目の年を迎え、より成熟した演劇集団を目指す我々には避けて通れない聖域の壁なのかも知れません。シェイクスピア作品の最高峰と謳われる『リア王』を、その魂をそのままに、ときに切なく哀しい調べで語り、またときに重厚で迫力満点の群舞で圧制します。小田島先生の巧みで味わい深い訳とともにブリテンの森を、古城を。荒野を、一気に駆け抜けます。
会場は、昨冬と同じ中世古典劇の香りを残す新宿モリエール。『シラノ』以上の感動をどうぞご期待ください。
ご来場をお待ちしております。
スタッフ 舞台監督・東幸四郎/照明・Kunu Kenichi/音響・木村知恵/音楽監修・三浦秀秋/演奏・風の森オーケストラ/宣伝美術・関映意子、モリタノブヒコ/美術・みどり/衣裳・星冬実/題字・室生春/制作・劇団室生春カンパニー
キャスト 風斗海健/田村好美/須川朝美/佐藤萌/江口浩樹/五亮甘太/新垣龍一/伊藤衣里/志村有紀/栗城勇佑/阿部孝行/有賀卓馬/山ノ井悠貴/渡部拓也/水野玉絵/石川桜子(研究生)/小林航太(研究生)/小林法子(研究生)/後藤利恵(研究生)/坂田誠介(研究生)/長岡都(研究生)/松浦歩美(研究生)

田上歩美/重田めぐみ/都尚輝/白倉裕人/一兜翔太  



室生春
お問い合わせ 劇団室生春カンパニー
03-3389-2645
murousyuncompany@yahoo.co.jp
劇団室生春カンパニー・オフィシャルWEBサイト

入場料金

前売り3,000円/当日3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

割引情報 ・学生割引(前売りのみ)
高校生以上2,500円  小・中学生2,000円

公演日程

2011年12月1日(木) 〜 12月4日(日)

上演時間 約2時間30分

2011年12月

        1
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
2
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
3
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
4
  • 12:00
  •  
  • 16:00
5 6 7 8 9 10
※開場は、開演時間の30分前です

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23112

トラックバック一覧