小田原市/おだわら演劇鑑賞会『線路はつづくよどこまでも』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

小田原市/おだわら演劇鑑賞会

小宮孝泰ひとり芝居第2弾

『線路はつづくよどこまでも』第79回市民劇場

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年12月18日(日)
会場 小田原市民会館 小ホール
〒250-0012 神奈川県小田原市本町1-5-12
PR・解説 去年に引き続き小田原出身の小宮孝泰さんの演劇公演が、小田原にやって来ます!
朝鮮鉄道に勤めて、終戦を北朝鮮で迎えられた小宮さんのお父さんの引き揚げ体験を基に、鄭義信さんが書き下ろされたひとり芝居です。
2008年に東京で上演され、観客の笑いと紅涙を絞った「線路は続くよどこまでも」の再演です。もちろん小田原では初演。
小宮さんがたった一人で30役以上を熱演します。
ストーリー 侵略の象徴としてマイナスのイメージが強く今ではほとんど忘れ去られている朝鮮鉄道。
第2次世界大戦敗戦翌日の現北朝鮮新安州駅。主人公は、新安州駅長。彼が、駅長職という責任感から、軍や政府関係者たちが次々と日本へ引き揚げる中、最後まで残る決意をし、最後に取り残された人々と、縦断して釜山までたどり着く過程を、歴史の大きなうねりの中に否応なく翻弄される人々を落語の手法も取り入れて小宮さんが演じ分けます。
スタッフ 美術:松野純、音響:水谷雄治、証明:五十嵐正夫、衣装:牧野純子、舞台監督:岩崎健一郎、絵・宣伝美術:タメ、舞台写真:北口佳央、制作:スーパーエキセントリックシアター
キャスト 小宮孝泰
お問い合わせ 小田原市文化政策課
0465-33-1706
受付時間 平日8時30分から17時

入場料金

前売2,500円/当日2,800円(全席自由・税込)

日時指定・全席自由

チケット発売窓口

小田原市民会館
伊勢治書店(本店・ダイナシティ店)
平井書店
ダイナシティウエストチケットぴあ
おだわら演劇鑑賞会 http://www2c.airnet.ne.jp/bowmew/

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2011年12月18日(日)

2011年12月

18
  • 13:00
  • 17:00
  •  
19 20 21 22 23 24

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23354

トラックバック一覧