ブルーノプロデュース『ワールド・イズ・ネバーランド』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ブルーノプロデュース

ブルーノプロデュースvol.6

『ワールド・イズ・ネバーランド』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年12月23日(金・祝)〜12月25日(日)
会場 王子小劇場
〒114-0002 東京都北区王子1-14-4
PR・解説 主宰、橋本清の演出作品を上演するためのプロデュースユニットとして2007年12月に旗揚げ。
誰もが一度は通り過ぎた少年時代を現前化させ、「かつて――あった」事実と「いま――ここにある」イメージを、俳優や演出家の過去の実体験《個人史》をベースに同時多発的にストーリーに重ね合わせ、大人と子どもをハイスピードで往来する演出が特徴。
どうしようもなくアナログな身体を持つ俳優たちに、フィジカルな《思い出》とデジタルな《プロフィール》を
フィードバックさせ、《記憶と記録》の離散と集合、断片と連続を描いていく。

記憶&記録を演劇化する<ドキュメンタリー・シリーズ>第二弾!
前作『カシオ』では、小学生の生活作文を題材に取り扱うが、今作『ワールド・イズ・ネバーランド』では俳優たちの青春時代の愛と勇気と正義と暴力をモットーに。
ストーリー 周回要素に溢れるこの世界で、明滅していくものたちがいた。
僕たちは英雄や恐竜みたいなものになって、誇張・虚飾だらけの氷河期を生き抜く。
栄達と凋落を繰り返し、遍歴の果てに、新しく始まる世界。
ブルーノプロデュース史上最大のスケールでお届けする、聖なる夜の、ドキュメンタリー・ポップ・ザウルス!

膨大な注釈と誤った解釈の、創世記。
舞台は厳冬。記憶の英雄&巨大化のタブーに挑む。
スタッフ 構成・演出:橋本清

音楽:涌井智仁

照明:板谷悠希子
音響:池田野歩
舞台監督:吉田元海
制作:小川愛姫(お布団/OFFTON)
宣伝美術:mannenyumi
企画・製作:ブルーノプロデュース
キャスト 平舘宏大(ブルーノプロデュース)
スズキヨウヘイ(ブルーノプロデュース)
味戸龍之介
飯田芳
杉田健介
世古峻佑
高田瑛(テンダープロ)
武岡宏樹
竹川絵美夏(東京コメディストアJ)
西田未希
畠山峻
日高愛美
堀田創
安田祐登
山田拓実
お問い合わせ ブルーノプロデュース
080-4344-4968
info@brunoproduce.net
ブルーノプロデュース公式ウエブサイト

入場料金

一般前売2,300円/一般当日2,500円/学生前売2,000円/学生当日2,200円/聖なる割引2,000円(全席自由・税込)

※学生券をご利用のお客様は当日受付にて学生証をご提示ください。
※聖なる割引:24日19時半開演のステージのみ。一般・学生一律2000円。

チケット発売窓口

ブルーノプロデュース 080-4344-4968
お名前・ご観劇日時・枚数・券種・ご連絡をお伝えください。

チケット販売サイトへ

こりっちチケット

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演40分前より劇場受付にて販売いたします。
割引情報 24日19時半の回は「聖なる割引」 一般・学生一律2000円

公演日程

2011年12月23日(金・祝) 〜 12月25日(日)

上演時間 約90分(予定)

2011年12月

18 19 20 21 22 23
  • 19:30○
  •  
  •  
24
  • 14:00●
  • 19:30☆
  •  
25
  • 14:00★
  • 18:00
  •  
26 27 28 29 30 31
ポストパフォーマンストーク開催!
○●★のマークのついているステージは、終演後に豪華ゲストをお迎えしてトークを行います。
【ゲスト】
○佐々木敦氏
●三浦直之氏(ロロ)
★田川啓介氏(水素74%)

☆24日19時半の回にはアフターイベント開催!
ブルーノプロデュース音楽担当、涌井智仁によるパーティナイト。
宴会芸から即興演奏、俳優たちとのパフォーマンスなど。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23383

トラックバック一覧