守谷子どもミュージカル『桃太郎!』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

守谷子どもミュージカル

もりやこどもみゅーじかる

『桃太郎!』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年3月17日(土)
会場 取手市民会館
〒302-0005 茨城県取手市東1-1-5
PR・解説 守谷子どもミュージカルは発足して6年目を迎幼稚園生から高校生まで男女27名で桃太郎!を上演します。第1回公演「あたたかい心」の上演から、「ハッピースマイル」「ロンの花園」「夜空の虹」と多くの方々にご来場いただき、地元で本格的なミュージカルを観ることができてよかったとの感想をいただきました。そして、昨年度3月に予定していた第5回記念公演「ピエロ人形の詩」は、震災の影響で上演を延期して会場も変更になりましたが、多くの方のご協力とご理解を頂き、様々な困難を乗り越え成功させることができました。今年度は、前回の公演予定としていた地元の取手市民会館で第6回公演「桃太郎!」を上演させて頂けることになりました。多くの皆様にミュージカルの楽しさや感動をお伝えしていきたいと思っております。
ストーリー 川からどんぶらこ、どんぶらこと流れてきた桃から生まれた桃太郎は、桃を拾ったおじいさんとおばあさんに愛情たっぷりに育てられます。優しくて力持ちに育った桃太郎は、動物達と話ができる不思議な力を持っていました。楽しそうに動物達と話をする桃太郎の姿をみて、村人たちは「桃から生まれたばけもの」と呼ぶようになります。
そんな時、峠のむこうの町では鬼が暴れていました。桃太郎は大好きな村を守るために犬、猿、きじと共に鬼退治に出発します。桃太郎は旅の途中で鬼にさらわれそうになった峠茶屋の娘おせんを助けます。鬼に父親を殺されたおせんに桃太郎は「鬼を退治するのではなく、話をして、鬼の気持ちをわかりたい。」と語りかけます。鬼ケ島に渡った桃太郎達は鬼姫から鬼が人間をおそうようになった理由を聞きます。
角を持って生まれたことで苦しんできた鬼姫達。桃から生まれたことが苦しみだった桃太郎。同じ痛みを知っているからわかりあえる。どんなに辛く悲しいことがあっても憎みあうのではなくわかりあい、前向きに生きていく。力が湧いてくる作品です。
お問い合わせ 守谷子どもミュージカル
080-3532-5299
moriya.km.2006@gmail.com

入場料金

前売り1,200円/当日1,500円(全席自由・税込)

開場 30分前

チケット発売窓口

守谷子どもミュージカル高久 080-6511-8563
moriya.km.2006@gmail.com
守谷子どもミュージカル樋口 0297-46-0031
取手市民会館プレイガイド 0297-73-3251
取手市民会館内 8:30〜17:00

公演日程

2012年3月17日(土)

2012年3月

11 12 13 14 15 16 17
  • 13:00
  • 17:00
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23500

トラックバック一覧