X-QUEST『七人の白雪姫〜同時上演 七人の桃太郎〜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

X-QUEST

X-QUEST 2012 SPRING PERFORMANCE

『七人の白雪姫〜同時上演 七人の桃太郎〜』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年3月23日(金)〜3月25日(日)
会場 吉祥寺シアター
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-22
PR・解説 毒を食らえ!ゆとり世代演劇を砕くりんごファンタジー!
※アクション(殺陣、ダンス)付き

「鏡よ鏡。この世で一番美しいのは誰?」
殺したはずの白雪姫が生きていた!しかもあと6人もいる!?
激しく踊って、苛烈に闘う!エクスクエストのSFコメディ社会派!
7つのパラレルワールドを駆け抜ける―。
ストーリー 「鏡よ、鏡。この世で一番うつくしいのは誰?」「それは白雪姫です。」
怒った魔女は白雪姫を森の奥へと追放し、毒殺してしまいます。
しかし、白雪姫は生きていました。「そんな、ばかな!?」
白雪姫殺害に失敗した魔女は、世界が7つに分裂していることを突き止めます。
「この世界で白雪姫を殺しても、別の世界で白雪姫は生きている…!」
魔女は世界を1つに戻すと決めました。
7つのパラレルワールドを統合するカギを握るアイテムは「マジックミラー(魔法の鏡)」!
王子と小人の妨害に魔女の夢は潰えるのか?夢とロマンのアクションアドベンチャー巨編か?
この春、童話をモチーフにゆとり世代を慟哭すべくX-QUESTが仕掛けるSFバトルコメディ!
※同時上演「七人の桃太郎」は7つのパラレルワールドを鬼が統合するおはなし。
スタッフ 【照明】田中徹(テイク・ワン)
【音響効果】天野高志
【舞台監督】横尾友広
【衣装デザイン】若原幸
【衣装】若原工房
【衣装製作】田口裕美
【小道具】x-ART
【殺陣】x-BLADE
【音楽】三善雅己
【振付】野地春秋/塩崎こうせい/沖野晃司
【舞台写真】石澤知絵子
【宣伝美術】hs
【演出助手】高野麻里恵
【WEB】O-nishi
【制作協力】平野登紀子(アプリコットバス)
【企画製作】X-QUEST
キャスト トクナガヒデカツ、山田健太郎、清水宗史、塩崎こうせい、
高田淳、大野清志、沖野晃司、佐藤仁美、荻窪えき、
野地春秋、谷口洋行、結束友哉、榊原仁、大平隆行、SUMIO、
藤宮潤、那珂村タカコ、橋本亜紀、林直子、松永直子
お問い合わせ X-QUEST
contact@x-quest.jp
七人の白雪姫公演特設サイト

チケット発売日

2012年1月25日(水)

入場料金

前売4,000円/当日4,500円/高校生1,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

X-QUEST http://x-quest.jp/にアクセスし、以下の購入方法をお選びください。
A:ゲッティ(セブンイレブンで発券)
B:Qリザーブ(当日受付で代金引き換え)
※高校生、小・中学生無料ステージのご予約は「Qリザーブ」でのみ受付

チケット販売サイトへ

カンフェティチケットセンター 0120-240-540
(平日10:00〜18:00受付、予約後セブンイレブンで発券)
当日券情報 当日券は開演の60分前より劇場受付にて販売いたします。
割引情報 高校生1000円(Qリザーブでのみ受付。要・学生証)
小・中学生無料★ステージあり(Qリザーブでのみ受付。要・保護者同伴)
★23日(金)14:00、25日(日)13:00の2ステージのみ。

公演日程

2012年3月23日(金) 〜 3月25日(日)

上演時間 約2時間

2012年3月

18 19 20 21 22 23
  •  
  • 14:00★
  •  
  • 19:00
24
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
25
  • 13:00★
  •  
  • 17:00
26 27 28 29 30 31
小・中学生無料★ステージあり(Qリザーブでのみ受付。要・保護者同伴)
★23日(金)14:00、25日(日)13:00の2ステージのみ。

みんなの採点

(2人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23568

トラックバック一覧