日本伝統芸能振興会『あんまと泥棒』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

日本伝統芸能振興会

歌舞伎フォーラム公演

『あんまと泥棒』“復活”プレビュー公演

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年2月24日(金)
会場 大田文化の森ホール
〒143-0024 東京都大田区中央2-10-1
PR・解説 あの“歌舞伎フォーラム公演”が帰ってきます!

歌舞伎フォーラム公演は、国立劇場歌舞伎俳優養成所の出身の、いわゆる家柄以外の歌舞伎俳優を中心に据え、歌舞伎の裾野の拡大を目的とした公演です。「埋もれてしまった歌舞伎名作の復活」「親しみやすく、低料金で観られる」など、大歌舞伎とは一味違った魅力を持っており、この「大歌舞伎では脇役を演じている俳優が主役を演じる歌舞伎」は、ファンの支持を集め、江戸東京博物館ホールをフランチャイズとして平成6年から19年まで21回公演を開催しました。

この度、ファンからの復活を求めるたくさんの声を受けて、5年ぶりに歌舞伎フォーラム公演が帰ってきます。平成24年度は、5月より2ヶ月に1回奇数月に公演を開催していく予定で、本公演は、24年度公演に先駆けての歌舞伎フォーラム“プレビュー公演”となります。

復活した歌舞伎フォーラム公演も、歌舞伎の家柄ではない俳優をメインに据え、大歌舞伎ではなかな演じられない演目を上演します。また、以前から好評を博していた衣裳や化粧、かつらなど歌舞伎の技術を紹介する“歌舞伎ワークショップ”も健在です。

歌舞伎が初めてという方からコアなファンの方まで、誰もが肩肘張らずに楽しめるのが歌舞伎フォーラム公演です。どうぞご期待ください!

========================================================

【会場&日時】
・大田文化の森ホール(東京都大田区中央2-10-1)
  平成24年2月24日(金)開演14:00/18:30(2回公演)
(※ 開場は開演の30分前です。)

☆その他、下記の日程・会場でも公演を行います。☆
・国立演芸場(東京都千代田区隼町4-1)
  平成24年2月28日(火)開演14:00(1回公演)

【チケット入場料】
・一般前売/当日 3,000円(指定席)
《絶賛発売中!》

【チケット販売窓口&お問合せ】
・電話 03-3552-6637 
・FAX  03-3552-6638
・mail office@atpa.jp

【主催】
・NPO法人日本伝統芸能振興会

【助成】
・公益財団 東芝国際交流財団
ストーリー 「あんまと泥棒」は元々、「上総風土記」で直木賞を受賞した村上元三により放送劇として書かれた喜劇で、昭和26年にNHKで放送されました。昭和41年、本作を気に入った十七代目中村勘三郎(現勘三郎の父)によって歌舞伎化され、中村富十郎や長谷川一夫など、名だたる名優との共演で上演されました。あんまと泥棒の滑稽なやりとり、予想を裏切る結末が見所で、笑いがふんだんに織り込まれた傑作喜劇です。

《あらすじ》
あんまの秀の市は一見人当たりが良さそうな人物。ある日秀の市が家に帰ると、床の下から泥棒の権太郎が現れた。刃物を手にし「金を出せ」とすごむ権太郎だったが、秀の市はのらりくらりと言い抜ける。その上、泣きながら身の上話を語り、権太郎の同情をひく始末。結局金を奪うどころか逆にめぐんでやる羽目に。権太郎がすごすごと帰った後、秀の市は思いもよらない行動を取るのであった・・・。

※その他、歌舞伎フォーラム公演のおなじみ大人気企画である歌舞伎ワークショップは、舞台上で「助六」の化粧、衣裳着付などをお見せする「助六ができるまで」。そして、歌舞伎舞踊「助六」も披露いたします。
スタッフ 原作:村上元三

演出/構成:竹柴源一
キャスト 《菊月喜千寿》
昭和五十二年三月先代坂東三津五郎に入門、四月に初舞台を踏む。菊五郎劇団で培った軽快で歯切れの良い演技で、世話物の町人や中間などを得意とした立役。平成十三年日本俳優協会賞奨励賞ほか。

《千川貴楽》
国立劇場歌舞伎俳優養成所八期生、十一世市川団十郎襲名公演「助六」で初舞台。以後、現松本幸四郎に師事。歌舞伎に留まらず、時代劇・ミュージカル・新劇・ドラマなど活躍の場を広める。平成五年、二代目千川貴楽を襲名。NHKの所作指導などを担当。

《花柳寿美蔵》
幼少期より数々の舞台を経験。平成11年より亡父・花柳寿美蔵の名を許され、三世宗家花柳壽輔に師事。平成16年花柳流専門部試験に合格、師範資格を授与される。現在は四世花柳壽輔に師事。平成23年各流派合同新春舞踊大会奨励賞ほか。
お問い合わせ 日本伝統芸能振興会
03-3552-6637
office@atpa.jp
日本伝統芸能振興会最新情報

入場料金

全席指定3,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

日本伝統芸能振興会 03-3552-6637

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より受付にて販売予定
割引情報 【シアターガイドをご覧になった方限定割引】
18:30の回(夜公演)に限り、通常料金3,000円⇒2,500円
(※お申込の際に、「シアターガイドで見た」と言ってください。)

公演日程

2012年2月24日(金)

上演時間 約2時間半

2012年2月

19 20 21 22 23 24
  •  
  • 14:00◎
  •  
  • 18:30◎
25
開場は開演の30分前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23679

トラックバック一覧