Project JAX『裏YAGYU』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Project JAX

Project JAX 第1回公演

『裏YAGYU』〜奇説・柳生一族の陰謀〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年4月11日(水)〜4月15日(日)
会場 座・高円寺
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2
PR・解説 1978年に公開された映画『柳生一族の陰謀』。この作品は千葉真一氏が『裏柳生』のタイトルで深作欣二監督に提出した企画書がベースとなり、映画化されました。 この映画の圧倒的な人間力・世界観に大きく心を動かされた人も多いのではないでしょうか?

本作品『裏YAGYU』は映画『柳生一族の陰謀』にオマージュを捧げ、世の中にある真実と虚構、表と裏、光と影に焦点を当て、人間の持つ心の強さを描きます。
ストーリー 時は、元和九年五月十一日、徳川二代将軍秀忠が江戸城大奥にて病死した。将軍秀忠の死は、発病後わずか二時間という文字通りの急死であり、そこに不自然な異変の匂いを嗅ぐ者もいたが、大奥御典医は、食あたりによる中毒死として発表する。三代将軍の座は秀忠の長男の家光が継ぐべき筈であった。しかし亡き秀忠は次男の駿河大納言忠長を溺愛し、秀忠夫人崇源院於江与も、また時の天皇御水尾帝の妃となっていた長女の和子も、次期将軍には忠長を切望していた。熱心な忠長擁立派の老臣たちも多かったが、若手老中松平伊豆守信綱や春日局の一派は、あくまでも家光を推してゆずらず、大阪夏の陣以来十余年の安定に馴れた天下は、再び動乱の兆を見せ始めた。
 家光を推す松平伊豆守は、今後の策を相談するため将軍家剣法指南役の柳生但馬守宗矩を訪ねた。そして但馬守は長男十兵衛三厳を呼び寄せ、ある事をつげる・・・
スタッフ 千葉真一Presents
演出/山谷亨 脚本/春井環二 潤色/上野臆山 脚本協力/小林雄次 監修/西田真吾 プロデューサー/藤田宏
音響/山本音響 照明/村山寛和(MERCURY) 舞台監督/松木威人
音楽/KAZZ遠藤 キャスティングプロデューサー/安藤実 協力プロデューサー/阿部宏司
ダンス振り付け/結樺レイナ 殺陣/新井剣史 制作/藤浪靖子 内野はとり 宣伝美術/宮澤ななえ
キャスト 大谷朗/真島公平/三浦孝太/内田衣津子/小林大介/新井剣史/大島つかさ/藤浪靖子//町田光/他

チケット発売日

2012年3月1日(木)

入場料金

4,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

Project JAX

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2012年4月11日(水) 〜 4月15日(日)

上演時間 約2時間

2012年4月

8 9 10 11
  • 19:05
  •  
  •  
12
  • 19:05
  •  
  •  
13
  • 14:05
  • 19:05
  •  
14
  • 14:05
  • 19:05
  •  
15
  • 13:05
  • 17:05
  •  
16 17 18 19 20 21

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23761

トラックバック一覧