TOKYOハンバーグ『愛、あるいは哀、それは相。』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

TOKYOハンバーグ

TOKYOハンバーグ Produce Vol.11ワーサルシアター提携公演

『愛、あるいは哀、それは相。』

  • 公演中
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年3月27日(火)〜4月2日(月)
会場 ワーサルシアター
〒168-0074 東京都杉並区上高井戸1-8-4Toyaビル.3 B1F
PR・解説 白が少し濁った空の下。
海風が頬を突き刺すほどに冷たい、其れほど強くはないのに。人の声が聞こえる。叫ぶ声、嘆く声、呼ぶ声、泣き声、金切り声。それらが白い息となって飛び交う、が然し、沖からやってくる狂瀾怒濤の津波がすべてを飲み込んだ。船、家、車、電信柱、草も木も、地上に在るものすべてを。人をも掻っ攫い、地形をも変形させ、街が流される鳴動で人の声が掻き消されてゆく。轟々と流動する黒い海水、無造作に鳴り響く車のクラクション、流された家々の破砕する悲鳴、残酷な音となり、時と共に流れゆく。

のがれた群衆。
誰かといる者はしがみ付き合い、一人の者は茫然と立ち尽くして天を仰ぎ、其々が目の前で起こっている現実を成す術なく眺めている 三姉妹が息を切らして立っている。寒さと理性を忘れ、命からがら高台へ駆け登ったのだ。彼女たちは生き残った実感と失った哀感の混沌の中でいつまでも泣いていた。白が少し濁った空の下で 、いつまでも。
ストーリー 2012年桜の頃
あの日から1年の月日が流れた喫茶ホットラインの珈琲物語。
スタッフ 音源/清見 雄高
舞台美術/さわたり ちひろ(さわたり組)
照明/吉嗣 敬介
音響/福西 理佳
舞台監督/武居 新一郎(和装演劇集団張り子の虎)
宣伝美術/佐藤 圭三(ago co.,ltd)
宣伝映像/正村 徹(TOKYOハンバーグ)
宣伝写真/ありせ さくら
WEB宣伝/絵心 -kaishin-
制作/千葉 亜弓
企画・製作/TOKYOハンバーグ
キャスト 相原 奈保子
正村 徹
金重 陽平
石原 友武
土屋 士
(以上TOKYOハンバーグ)
新妻 さと子(タートルプランニング)
光藤 依里(エアーズロック)
宮浦 修二(ナマイキコゾウ)
菊地 理恵(アクロスエンタテインメント)
朝戸 太將
富 真道(ULPS)
西村 舞子
お問い合わせ TOKYOハンバーグ
090-5807-3966
info@tokyohamburg.com
TOKYOハンバーグHP

チケット発売日

2012年2月10日(金)

入場料金

前売り3,000円/当日3,500円/★の初日・平日マチネは割引(千秋楽は除く)2,500円/学生割引2,500円(全席自由・税込)

◇学生割引は、高校生以下対象。※要証明書

チケット発売窓口

TOKYOハンバーグ 090-5807-3966
TOKYOハンバーグ お問い合わせ・ご連絡は下記参照
MAIL: info@tokyohamburg.com
※メールでのお問い合わせは、件名に「チケット予約」と記入して、本文に「お名前、ご希望の観劇日時、枚数、電話番号」明記の上、送信して下さい(電話でも可)。
こちらから折り返し確認のご連絡を差し上げます。

チケット販売サイトへ

割引情報 ◇★の初日・平日マチネは割引/2,500円(千秋楽は除く)
◇学生割引/2,500円(高校生以下対象。※要証明書)

公演日程

2012年3月27日(火) 〜 4月2日(月)

2012年3月

25 26 27
  • 19:30★
  •  
  •  
28
  • 14:30★
  • 19:00
  •  
29
  • 19:30
  •  
  •  
30
  • 14:40★
  • 19:30
  •  
31
  • 14:30
  • 19:30
  •  

2012年4月

1
  • 13:00
  • 18:00
  •  
2
  • 13:00
  •  
  •  
3 4 5 6 7
★の初日・平日マチネは割引/2,500円(千秋楽は除く)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23801

トラックバック一覧