劇団ZENROCK『春をかぞえて、折る指に』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団ZENROCK

劇団ZENROCK第3回全力公演

『春をかぞえて、折る指に』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年2月16日(木)〜2月19日(日)
会場 新宿シアター・ミラクル
〒160-0021  東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4F
PR・解説 ――「何してるの?」
――「数えてるの、春が来るまで、どれくらいか。」
――「へえ、春になると、何があるの?」
――「それはね…」
ストーリー 梅の木が縁側から見える、古きよき日本家屋。
そこに住む梅子は、旧い家が嫌いだった。

植物学者だった梅子の父は早くに亡くなり、母と兄と暮らす日々。
昔はおてんばだった梅子は、今はおしとやかな秀才として、
大学のサークルでも、一目おかれていた。

大学の友人達、あこがれの先輩。
新しくて楽しい毎日に、古くて退屈な家を飛び出したい気持ちがつのる。
『家を出るまで、あと何回の春を待てばいいんだろう。』
梅を見上げてため息をつく日々。

そんなとき、父を知っている、という、臨時教員がやってきた。

父と同じように、木々を愛するその教員と、
昔の自分を知る近所のオジサンとの出会いから、
少しずつ、梅子は変わっていく。

浮かび上がる、亡き父の存在。

忌むべきものは「旧い家」じゃない。

もう少しで、春がくる。
スタッフ 演出:深谷 禰宜
脚本:西瓜 すいか/虹村 凌 (創作集団『必志組』)

舞台監督:小島 とら
音響:下森 俊男
照明:高橋 文章
音楽:秋山 裕和
宣伝美術:荒木 恵

制作:藤田 侑加
制作助手:伊藤 賢一
サブマネージャー:黒木 威彦

協力:創作集団『必志組』 H/MIX GALLERY  劇団ドアのぶ。 M・arts
キャスト 森咲 玲
冬岸 るい
佐野 睦子
石渡 智一
渡邉 彰宏 
橘 知里(劇団ドアのぶ。)
中川 清一郎
村上 沙綺子
深谷 禰宜
土屋 友美(寿屋エンタープライズ)
北村 悠馬(M・arts)
お問い合わせ 劇団ZENROCK制作部 オフィスZENROCK
mail@zenrock.jp
劇団公式サイト

チケット発売日

2011年12月1日(木)

入場料金

前売2,500円/当日3,000円(全席自由・税込)

学割チケットあり(当日精算のみ取り扱い。当日受付にて学生証提示)

チケット発売窓口

Corichチケット

チケット販売サイトへ

ゲッティ・カンフェティ版

チケット販売サイトへ

当日券情報 当日受付にて販売。3,000円

公演日程

2012年2月16日(木) 〜 2月19日(日)

上演時間 約1時間30分

2012年2月

12 13 14 15 16
  • 19:00
  •  
  •  
17
  • 14:00
  • 19:00
  •  
18
  • 14:00
  • 19:00
  •  
19
  • 13:00
  • 17:00
  •  
20 21 22 23 24 25
19日17時公演 ビデオ撮影あり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23854

トラックバック一覧