座・高円寺 劇場創造アカデミー『劇場創造アカデミー2期生修了上演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

座・高円寺 劇場創造アカデミー

座・高円寺 冬の劇場26

『劇場創造アカデミー2期生修了上演』『戦争戯曲集・三部作』より 第一部『赤と黒と無知』/第二部『缶詰族』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年2月16日(木)〜2月18日(土)
会場 座・高円寺
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2
PR・解説 座・高円寺で2年間学んできた、
演技コース、舞台演出コース、劇場環境コースの2期生たちが、
カリキュラム・ディレクターの生田萬、佐藤信とともに、
修了上演に取り組みます。

上演するのは、昨年に引き続きイギリスの劇作家エドワード・ボンドの
「戦争戯曲集・三部作」より『赤と黒と無知』『缶詰族』。
社会が核の脅威を日常的に意識するようになった80年代初めに書かれた戯曲です。
核戦争を扱う3つの作品で構成され、社会の内部でなにが人間を戦いに向かわせるのか、
戦争を恐れつつ戦争がおこると支持する市民の立場の曖昧さを扱った本作は、
座・高円寺で演劇と社会を学んできたアカデミー生だからこそ、真っ向から取り組める作品です。

今、演劇にできることは何か。
作品を通して、作品創りを通して、演劇の社会に果たす役割を、共に考えるきっかけにできればと願っています。
ストーリー 「戦争戯曲集・三部作」は、世界中が核の脅威にさらされていた1980年代の冷戦期に、エドワード・ボンドが執筆したものです。今回上演するのは、世界を破壊する爆弾によりこの世に生まれることのなかった怪物を主人公にした第一部『赤と黒と無知』と、中性子爆弾が投下された世界に生きる人々を描いた第二部『缶詰族』です。
ここで描かれているのは現実にありうる世界であり、私たち人間が未来に向かってどう進むべきなのかという問題に真摯に向き合った作品です。
スタッフ 作 エドワード・ボンド 
翻訳 近藤弘幸
演出 生田 萬(第一部『赤と黒と無知』)/ 佐藤 信 (第二部『缶詰族』)
美術 島 次郎 
照明 齋藤茂男
音響 島 猛
舞台監督 鈴木章友

【劇場創造アカデミー2期生】
演出部:木内コギト、二宮彩乃、樋口ミユ(第二部『缶詰族』コロス演出)/安達修子(修了1期生)
舞台部:山崎 牧、山崎理恵子/佐々木琢(修了1期生)
制作部:高地朋奈、鈴木奈緒、矢口友朗、山崎友貴/砂川史織(修了1期生)
キャスト 大浦千佳、岸本昌也、木内コギト、實光崇浩、竹田茂生、二宮彩乃、松島輝枝、宮尾昌宏、山崎理恵子、山田宗一郎/服部容子(修了1期生)
お問い合わせ 座・高円寺
0332237500
warplays@theatre-koenji.jp
座・高円寺-「第一部『赤と黒と無知』 第二部『缶詰族』」の詳細情報

チケット発売日

2012年1月15日(日)

入場料金

1,000円(全席自由・税込)

・18歳以下のみなさんは無料です(要予約。座・高円寺チケットボックスでご予約ください)
・未就学児のご入場はご遠慮ください。

チケット発売窓口

座・高円寺チケットボックス 0332237300
【営業時間】(月曜定休)
TEL10:00〜18:00/窓口10:00〜19:00

※WEBチケットでの販売は公演日の3日前までです。

チケット販売サイトへ

当日券情報 全日程、開演1時間前より受付にて販売します。
割引情報 障害者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り、1割引になります。

公演日程

2012年2月16日(木) 〜 2月18日(土)

上演時間 約2時間50分
(休15分)

2012年2月

12 13 14 15 16
  • 19:00☆
  •  
  •  
17
  • 19:00☆
  •  
  •  
18
  • 14:00★
  •  
  •  
公演日によって一部出演者が異なります
16日19:00/ 17日19:00 @岸本昌也☆
18日14:00 @木内コギト★

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23855

トラックバック一覧