加藤健一事務所 vol.81『ザ・シェルター』『寿歌』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

加藤健一事務所 vol.81

『ザ・シェルター』『寿歌』2本立て公演

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年3月2日(金)〜3月11日(日)
会場 本多劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-10-15
PR・解説 今、伝説が甦る。 カトケン・ワールドより“愛”を込めて――――。

「ザ・シェルター」「寿歌」は
80年代に大ヒットし、何度も上演された。
あの伝説の舞台が、新しい顔ぶれで、
カトケン事務所公演に帰って来る!

めちゃくちゃ面白くて超不思議なお話が、
なんと2本立てで登場!

もう絶対に見るっきゃない!!
ストーリー ◆ザ・シェルター◆
核シェルター製造会社のサラリーマン・センタ(小松和重)は、製品テストの為、自宅の庭のシェルターで、家族4人で3日間生活をする事になる。妻のサトコ(日下由美)と娘のカノ(占部房子)、そして父のセンジューロー(加藤健一)は、まるでピクニックにでも出かけるような浮かれ気分だ。すると、突然コンピュータが故障?? 外に出られなくなった一家は、なぜか昔の台風の思い出話で盛り上がり――――。

◆寿歌◆
核戦争が終わった後の、関西のとある町。家財道具をリヤカーに積んで、ゲサク(加藤健一)とキョウコ(占部房子)がやってくる。二人は、ええかげんな芸をして町から町へと渡り歩く、旅芸人である。そこへ、謎の男・ヤスオ(小松和重)がふいに現れ、3人一緒に旅をする事に・・・・。関西弁のおかしな芸人コンビと、謎の男の行く先は?
スタッフ 作:北村 想 演出:大杉 祐
キャスト 『ザ・シェルター』センジューロー / 『寿歌』ゲサク:加藤健一
『ザ・シェルター』センタ / 『寿歌』ヤスオ:小松和重
『ザ・シェルター』サトコ:日下由美
『ザ・シェルター』カノ / 『寿歌』キョウコ:占部房子
お問い合わせ 加藤健一事務所(10:00〜18:00)
03-3557-0789
※公演期間中3月2日(金)〜11日(日)の事務所営業はございません。
 電話でのチケットのお申し込み、お問合せのみを行っております。
加藤健一事務所

入場料金

前売5,000円/当日5,500円/高校生割引(要学生証、当日のみ)2,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

加藤健一事務所(10:00〜18:00) 03-3557-0789
※インターネットでのお申し込み期間は2月27日(月)深夜12:00まで

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:416-445

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:35674

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

本多劇場 店頭販売 11:00〜19:00
当日券情報 ※開演の1時間前より劇場にて毎公演必ず販売致します。
※空席状況により、開演の2時間前まで加藤健一事務所で当日券(5,500円)の電話予約を承ります。
 ただし、前売券が完売の場合は劇場でお求め下さい。

公演日程

2012年3月2日(金) 〜 3月11日(日)

上演時間 約2時間25分
(休15分)

2012年3月

        1 2
  •  
  •  
  • 19:00
3
  • 13:00
  •  
  • 17:00★
4
  • 13:00
  •  
  •  
5
  •  
  •  
  • 19:00
6
  • 13:00
  •  
  •  
7
  • 13:00
  •  
  •  
8
  • 13:00
  •  
  •  
9
  •  
  •  
  • 19:00
10
  • 13:00
  •  
  • 17:00★
11
  • 13:00
  •  
  •  
12 13 14 15 16 17
★=追加公演

『ザ・シェルター』→休憩→『寿歌』の順に上演致します。
*2本立てですが、それぞれ短いお芝居ですので、上演時間は通常の公演と同じくらいになる予定です。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23914

トラックバック一覧