SHALADINA Belly Dance Company『コンテンポラリーベリーダンス「ICE BLUE」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

SHALADINA Belly Dance Company

SHALA's Sanctuary Vol. 6

『コンテンポラリーベリーダンス「ICE BLUE」』氷河の夢、海のファンタジー

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年2月23日(木)
会場 三鷹市芸術文化センター 星のホール
〒181-0012  東京都三鷹市上連雀6-12-14
PR・解説 ベリーダンスに、コンテンポラリーの要素を加えたスタイルで活躍する、シャーラのライフワーク、サンク チュアリシリーズ第六弾。

氷河に閉じ込められている何万年も前の空気、氷の精、ホッキョクグマ、海を渡る蝶々。シャーラ、生命力の根源を踊る。

SHALA: Dance and Choreography
ダンサー、振付家、”SHALADINA Belly Dance Company” 主宰。慶応義塾大学にて 考古学を専攻、古代エジプトの女神イシスを研究した際、ベリーダンスに出会う。
ロンドン、アメリカへのダンス留学やNHKキャスターを経て、ダンスカンパニーを 設立。ダンス本来の自由で神聖な在り方、女性が持つ内なる美を表現する。
ストーリー 世界に数少ない現存する氷河、ニュージーランド、フランツ・ジョセフ氷河での取材を経て生まれた作品。 氷河期より「戦争」「飢え」「災害」など様々な困難を生き延びてきた人間の強さ、美しさを瞬間のダンス に込めて描く作品。

氷のように冷たくしんとしたシーンから旅は始まり、旅する蝶とともに調和の世界へ。 氷原に吹くブリ ザードや氷の精、海を渡る蝶、ファンタジックな世界と生命力の根源。極寒の氷河期も生き延びわれわれの 祖先たち。人間の強さ、逞しさ、蒼き氷の世界を通して生きる力の根源へ・・・
シタール奏者、Aki Ueda によるオリジナル楽曲、チェロ、バイオリン、 ピアノ、パーカッションのアンサンブルが縦横無尽に駆け巡る音と躍動す る肉体の世界。ベリーダンスの枠を飛び出すシャーラ渾身の作品。
キャスト ダンス : SHALA、 岡田江美、 Jasmine、 大石麻希、 大矢夕里
音楽: Aki Ueda シタール、星衛 チェロ、 三木重人 ヴァイオリン、伊藤アツ志 パーカッ ション、岡野勇仁 ピアノ、 田原奈穂子 ソプラノ
お問い合わせ シャラディナ・ベリーダンス・カンパニー
shaladinamoon@gmail.com
セレスティア

チケット発売日

2012年12月1日(土)

入場料金

前売り4,000円/当日4,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

イープラス http://eplus.jp/

チケット販売サイトへ

シャラディナ・ベリーダンス・カンパニー E-mail: shaladinamoon@gmail.com

E-mailでご予約の際にはお名前、人数をお知らせください。料金は事前振込制です。ご予約メールまたはFaxにて振込口座をお知らせ致します。
※携帯電話からご予約の際は、受信拒否設定の解除をお願いします。
当日券情報 19:00より会場にて販売

公演日程

2012年2月23日(木)

2012年2月

19 20 21 22 23
  • 19:30
  •  
  •  
24 25

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23952

トラックバック一覧