燐光群『ALL UNDER THE WORLD』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

燐光群

『ALL UNDER THE WORLD』地球は沈没した

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年3月19日(月)〜3月26日(月)
会場 笹塚ファクトリー
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-56-7 京王笹塚ビル地下2階
PR・解説 私ども燐光群は、ニューヨークを拠点に活躍する演出家リアン・イングルスルード氏と相澤明子氏を招き、新作を上演します。
2001年に上演した燐光群『白鯨 Moby Dick』に続く作品です。原作である小説『白鯨』(「モービィ・ディック」)を元に、世界を股に掛けて活躍するリアン・イングルスルード氏が、燐光群のメンバー達と、白い巨大な布を使った美術、和太鼓や、群像による強い身体表現のインパクトによって独自の劇空間を創造し、高い評価を受けました。

今回の新作はその実績を元に、実験性と内容の深化をさらに推し進めます。

坂手洋二が『白鯨 Moby Dick』を通じたアメリカ文学研究者との交流の中で、「海の繋がり」というテーマの向こうに「惑星思考」というビジョンを見つけ、掘り起こします。
地理や歴史によりこれまで形作られてきた「国家」「民族主義」といった枠組みに対する「越境」について考察し、「グローバル」思考を飛び越えたところに「惑星思考」が浮上します。常に「いま」を見据え過去と現在とを結ぶ社会的な視点で新作を発表し続ける坂手洋二の戯曲・評論集・社会的発言・ブログ等から、テキストを構成。坂手とイングルスルード氏とが構成・演出します。「海」に象徴される地球という「惑星」そのものの広さと深さをとらえ直し、同時に、国家を「フィクション」と認識したアメリカが「白鯨」を第二のバイブルとした精神的背景を、あらためて分析する作業でもあります。

前回同様、現在ニューヨークで最も先鋭的とされている劇団SITI Companyのリアン・イングルスルード氏と共に相澤明子氏をニューヨークから招きます。現代アメリカ演劇の最新潮流の日本への紹介でもあります。
さらに、ミニマルミュージックの理論を演劇に導入する試みとして、言語とムーブメントの新たな表現の地平が拓かれることでしょう。
スタッフ 構成・演出○リアン・イングルスルード 坂手洋二
演出補○相澤明子
オリジナル・テキスト○坂手洋二
照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
舞台監督○高橋淳一
美術○じょん万次郎
演出助手○清水弥生
文芸助手○久保志乃ぶ
宣伝意匠○高崎勝也
協力○浅井企画 オフィスコットーネ
   公益財団法人セゾン文化財団 
制作○古元道広 近藤順子
Company Staff○大西孝洋 橋本浩明 根兵さやか 向井孝成 宮島千栄 内海常葉 秋葉ヨリエ
キャスト 円城寺あや 宮島健 Benjamin Beardsley
中山マリ 鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和
杉山英之 松岡洋子 樋尾麻衣子 桐畑理佳
安仁屋美峰 西川大輔 鈴木陽介 武山尚史 
横山展子 加藤道子 福田陽子 田中結佳
お問い合わせ 燐光群/(有)グッドフェローズ
03-3426-6294
rinkogun@alles.or.jp
燐光群ホームページ

チケット発売日

2012年2月11日(土・祝)

入場料金

一般前売3,500円/ペア前売6,400円/当日3,800円/大学・専門学校生2,500円/高校生以下1,500円(全席自由・税込)

※日時指定・整理番号付き
※学生券は前売・当日共通料金 受付で要学生証提示

チケット発売窓口

燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294
燐光群オンラインチケット

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演の30分前より劇場にて販売

公演日程

2012年3月19日(月) 〜 3月26日(月)

上演時間 約1時間30分(休憩なし)

2012年3月

18 19
  •  
  • 19:00
  •  
20
  • 14:00
  • 19:00★
  •  
21
  •  
  • 19:00
  •  
22
  • 14:00
  • 19:00
  •  
23
  •  
  • 19:00
  •  
24
  • 14:00
  • 19:00
  •  
25
  • 14:00
  • 19:00★
  •  
26
  • 14:00
  •  
  •  
27 28 29 30 31
★の回は次のゲストと坂手洋二によるアフタートーク有り。
20日(火)19:00 巽孝之(慶應義塾大学文学部教授 アメリカ文学専攻)
25日(日)19:00 今村修(演劇ジャーナリスト)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=23967

トラックバック一覧