オフィスGoing to Nuts『吉永こゆり物語』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

オフィスGoing to Nuts

MIKO-0512プロジェクトPRESENTS

『吉永こゆり物語』〜あるベテラン女優の軌跡〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年4月13日(金)〜4月15日(日)
会場 d-倉庫
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6-19-7-2F
PR・解説 2011年夏、22年間の活動に終止符を打ったエンターテイメント集団YANKEE STADIUM 20XX。
2011年冬、解散後プロジェクト第1弾として「ジングルベルストーリー」を上演。夢麻呂(YANKEE STADIUM 20XX座長)がオムニバス全作品の主役を務める。
そして2012年春、解散後プロジェクト第2弾は、夢麻呂の演出によるダンスミュージカルショーをお送りする。
劇団看板女優のMIKOが演じる「吉永こゆり」というベテラン女優の生き様を、女性ダンサーによる華麗なる舞・数々のパフォーマンス・コントetcで物語っていく。
YANKEE STADIUM 20XX時代から「楽しくなければ舞台じゃない」と提言しており、アドリブや客いじりも見ものの一つである。
観る人々に「生きる勇気と希望を与える」を志す、夢麻呂&MIKOの最強コンビによるエンタテイメントショー。

<主演:MIKO>
YANKEE STADIUM 20XXを22年間支えてきた看板女優・ダンサー・振付師。
幼い頃から踊りはじめ、振付家「土居甫」氏に師事し、TV・舞台など多方面でダンサー・振付師として活躍。
主な出演:TV「笑っていいとも」「金スマ」「ミュージックステーション」舞台「アンテナコンテナ」など。
主な振付:「24時間テレビ」「ものまねバトル大賞」「嵐にしやがれ」「なるほどハイスクール」など。
他にも数多くのタレントや芸人に振付指導を行う。

<演出:夢麻呂>
1990年にYANKEE STADIUM 20XXを旗揚げし、以降全作品の脚本・演出を手掛ける。
「浅井企画」所属時代にTVドラマ・バラエティ・歌番組前説・ラジオ番組を経験。役者としても数多くの舞台に立つ。
また、他劇団の演出や、イベントの構成・演出・MCなども行う。「科学戦隊実験ジャー」では全国各地を回っている。
第1回神保町演劇フェスティバル(2011年)主演男優賞受賞。
2012年7月、中野ポケット(7/10〜16)にて新たな形で劇団を再スタートさせる。
ストーリー 「吉永こゆり」とは、YANKEE STADIUM 20XX2010年夏公演に初登場したキャラクター。
同年、クリスマス公演にてスピンオフされ、爆笑コントを繰り広げる。
輝かしい過去を持っているらしいが、時代の流れから干され気味のベテラン女優。
今回は、その「吉永こゆり」の全貌を明らかにすべく、生い立ち〜青春時代〜スター時代を辿りながらダンスミュージカルで物語っていく。

あなたの心に、満開の桜の花を咲かせてみせます。
スタッフ 作・演出/夢麻呂
バックステージチーム/三村弘美・須田妙子・近藤桂輔
振付/MIKO・白倉奈美子・田島実奈子
音楽/村田光陽(げき音)
舞台監督/井関景太(るうと工房)
照明/伊藤一明
音響/前野公英(SONICA)
衣裳/アマランス・絵衣子
宣伝美術/Jumbo Design Office,inc.
スチール/中村年孝
制作/渋谷洋子・吉岡祐介・小林正英・奥山由季子・人見はる菜
キャスト 出演/MIKO・小堀理恵子・時任しおり・進藤ゆり・井坂茜・廣瀬友紀・幸脇彩・今野麻里・大倉まい子・椙山聡美
友情出演/木下貴仁・山崎タカヤス
お問い合わせ オフィスGoing to Nuts
03-3319-3567 / 090-9390-9462
mail@yankee.oc.to
MIKO-0512プロジェクト

チケット発売日

2012年3月5日(月)

入場料金

3,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

オフィスGoing to Nuts 03-3319-3567

チケット販売サイトへ

当日券情報 3800円 開演1時間前より劇場にて販売
割引情報 高校生以下 500円割引(前売のみ) 当日受付にて証明書をご提示ください。その場で返金致します。

公演日程

2012年4月13日(金) 〜 4月15日(日)

上演時間 約2時間(途中休憩含む)

2012年4月

8 9 10 11 12 13
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
14
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
15
  • 13:00
  •  
  • 18:00
16 17 18 19 20 21

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24034

トラックバック一覧