メロディア・オルガネッタ『恋の狂詩曲 Que Sera Sera』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

メロディア・オルガネッタ

手回しオルガン“オルガネッタ”と朗読劇のファンタジックワールドvol.2

『恋の狂詩曲 Que Sera Sera』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年5月7日(月)
会場 イギリス館
神奈川県横浜市中区山手町115-3
PR・解説 手回しオルガン”オルガネッタ”と朗読劇のファンタジックワールドvol.2

会場は歴史的建造物でもある横浜の西洋館。

味わい深い朗読とコミカルな会話劇、オルガネッタが奏でる世界の名曲の数々をどうぞお楽しみください。幕間にはティータイムをご用意しております。

音楽は「ケ・セラ・セラ」「エーデルワイス」など、春らしく心躍る曲が揃いました。すべて、この公演のために編曲されたものです。

<メロディア・オルガネッタについて>

脚本家・永峯千津子+作曲家・坂本日菜+手回しオルガン“オルガネッタ”の創作ユニット。「西洋館を舞台にしたオルガネッタ演奏付オリジナル創作劇」という独自のスタイルにこだわり、横浜の西洋館を中心に2011年より活動開始。第一作目の「夢からの招待状」は、ベーリック・ホール、大倉山記念館、イギリス館で上演された。
ストーリー とある平日の昼下がり。人影まばらな美術館。絵画展ですれ違う二人の客。男の名前は野呂修。北海道出身。職業:タクシーの運転手(約◯◯年)。未婚。

女の名前は本庄珠子。横浜市出身。職業:花嫁修業(約◯◯年)。未婚。

二人が出会ったのは偶然か、はたまた必然か。陽気な道化とオルガネッタが二人の恋心に火をつける。が、一筋縄ではいかないのが不器用な男女の恋。ねじれた恋の行方は・・・

味わい深い朗読とコミカルな会話劇、そしてオルガネッタが奏でる世界の名曲の数々にどうぞご期待ください。3人の個性派俳優たちが皆様を思いがけない空間へとお連れいたします。
スタッフ オルガネッタ編曲:坂本日菜
脚本・演出:永峯千津子
制作:メロディア・オルガネッタ
キャスト 加納健次(劇団NLT)
伊藤美穂
山田栄子
坂本日菜(演奏)
お問い合わせ メロディア・オルガネッタ
mail@melodia-organetta.com
メロディア・オルガネッタ

チケット発売日

2012年2月22日(水)

入場料金

2,500円(税込)

お茶とお菓子付き

チケット発売窓口

メロディア・オルガネッタ

チケット販売サイトへ

カンフェティ 0120-240-540

チケット販売サイトへ

公演日程

2012年5月7日(月)

2012年5月

6 7
  • 14:00
  • 18:30
  •  
8 9 10 11 12

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24051

トラックバック一覧