MONO『少しはみ出て殴られた』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

MONO

MONO第39回公演

『少しはみ出て殴られた』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年3月8日(木)〜3月12日(月)
会場 ABCホール
〒553-8503 大阪市福島区福島1-1-30朝日放送内
PR・解説 代表 土田英生より
久しぶりの新作です。ここ数年間、正直言って何を書きたいのか自ら迷っていたのだと思います。
劇団では再演や書き直しの公演を続けて来ました。
しかし昨年突然に『これが書きたい』と、ある構想が頭の中に浮かびました。それからずっと構想を練って来ました。それが今回の『少しはみ出て殴られた』です。
 
 建物の中に国境線が引かれる。人間関係が段々と変化して行く。

 作品のモチーフはこれだけです。
領土問題のニュースなどが引き金になったのは確かですが、この作品で描くのはそういうこととはやや趣が異なります。政治的な言説などで領土問題を語る時に感じる限界、延々と歴史的な主張を繰り返し合うある種の不毛さ。しかし演劇で私が描きたいのは、そのすき間にこぼれ落ちている、いや、その底にある「人間存在の有り様」や「人々のアイデンティティーの持ち様」です。前半は徹底的に馬鹿馬鹿しい男たち。ドタバタしたコメディー要素で組みあげますが、後半はそれがどんどん崩壊して行く。MONOの5人に男優ゲスト3名を加えた男8人の寓話。

MONOの代表作になるだろうと思います。
ストーリー 建物の中に国境線がひかれた─ 何も変わらないはずだったのにね。
 
ある時ヤツがふざけて言った。『この線から出たらダメってことにしよう』
私はわざと線から手を出してやった。ヤツは笑いながらその手を押し返した。
そんな戯れを繰り返した。そしてそれからどれくらい経ったっけ?
遊びたくなったので、私は笑いながら手を差し出した、すると……ヤツは突然殴り掛かって来た。一切の笑顔を消して。 
見えない線。線とは何かを巡る寓話――
キャスト 水沼健 奥村泰彦 尾方宣久 金替康博 土田英生 / 岡嶋秀昭 諏訪雅(ヨーロッパ企画) 中川晴樹(ヨーロッパ企画)
お問い合わせ キョードーインフォメーション
06-7732-8888
MONO

チケット発売日

2011年12月11日(日)

入場料金

一般前売3,800円/U-25前売2,800円/高校生以下1,500円/一般当日4,000円/U-25当日3,000円(全席指定・税込)

★3/8(木)は初日割引=各500円OFF
※高校生以下チケットは要予約。

チケット発売窓口

MONO 075-525-2195

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:416-512

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-005
Lコード:56909
e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売
割引情報 初日割引あり。各500円OFF

公演日程

2012年3月8日(木) 〜 3月12日(月)

上演時間 約1時間40分

2012年3月

4 5 6 7 8
  • 19:30★
  •  
  •  
9
  • 19:30◎
  •  
  •  
10
  • 14:00
  • 18:30
  •  
11
  • 14:00
  •  
  •  
12
  • 14:00
  •  
  •  
13 14 15 16 17
★初日割引き500円引き
◎終演後、トークイベントあり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24128

トラックバック一覧