SPAC 静岡県舞台芸術センター『グリム童話〜本物のフィアンセ〜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

SPAC 静岡県舞台芸術センター

SPAC芸術総監督 宮城聰 最新演出作品

『グリム童話〜本物のフィアンセ〜』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年2月25日(土)〜3月11日(日)
会場 静岡県舞台芸術センター(SPAC) 静岡芸術劇場
〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田79-4
PR・解説  現代フランスを代表する劇作家オリヴィエ・ピィの戯曲によるこの『グリム童話』は、グリム兄弟の童話をもとに、作家独自の視点を盛り込んだ作品です。
 「少女と悪魔と風車小屋」と「本物のフィアンセ」には、どちらにも少女が登場し、苦難の人生を生き抜いていきます。ひたむきな彼女たちの姿は、生きていること自体を奇跡として浮かび上がらせ、私たちに勇気と希望を贈ってくれることでしょう。また、「本物のフィアンセ」には、「少女と悪魔と風車小屋」をすでにご覧になっているお客様に、一層お楽しみいただける仕掛けが用意されています。珠玉の劇詩、歌と楽器の生演奏、息を呑むヴィジュアル……。さらなる進化を遂げるSPACの『グリム童話』にご期待ください!
ストーリー 少女は継母に毎日無理難題を押しつけられていた。森に逃れた少女は王様と出会い、互いに恋に落ちる。王様は再会を約束して森を去る。だが、継母が王様に「忘却の水」を飲ませたために、王様は少女を忘れ、継母の実娘そっくりの人形に恋をしてしまう。そうと知らない少女は王様を探しに行くが、継母の手によって牢獄に囚われ、死を覚悟する。しかしそこで俳優たちと出会い……。
スタッフ 演出: 宮城聰
作: オリヴィエ・ピィ
訳: 西尾祥子、横山義志
音楽監督: 棚川寛子
キャスト 美加理、赤松直美、石井萠水、泉陽二、大高浩一、小長谷勝彦、牧山祐大、三島景太、吉植荘一郎、渡辺敬彦
お問い合わせ SPACチケットセンター
054-202-3399
SPAC公式サイト

チケット発売窓口

SPACチケットセンター 054-202-3399

チケット販売サイトへ

当日券情報 公演当日の開演1時間前より、静岡芸術劇場チケットカウンターで販売します。
※当日券の有無を公演当日に必ずお電話もしくはtwitter(@_SPAC_)でお確かめください。

公演日程

2012年2月25日(土) 〜 3月11日(日)

2012年2月

19 20 21 22 23 24 25
  • 16:00
  •  
  •  

2012年3月

        1 2 3
  • 15:00
  •  
  •  
4
  • 15:00
  •  
  •  
5 6 7 8 9 10
  • 15:00
  •  
  •  
11
  • 15:00
  •  
  •  
12 13 14 15 16 17

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24136

トラックバック一覧