財団法人大阪府男女共同参画推進財団『光をあつめて』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

財団法人大阪府男女共同参画推進財団

第17回女性芸術劇場

『光をあつめて』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年3月23日(金)〜3月25日(日)
会場 ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)7階ホール
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1-3-49
PR・解説 ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)開館と共に実施し17回目を迎える今回の女性芸術劇場は、日本の女性写真家のパイオニア・山沢栄子の軌跡を関西舞台芸術の精鋭を結集し、現代に蘇らせます。
ストーリー 大正時代末期。絵画の勉強のため単身渡米留学した日下部祥子。
しかし、彼女がアメリカで出会ったのは“写真”だった。帰国後、祥子は大阪でスタジオを開き、「人間の内面を写し取る」写真を次々と発表。成功をおさめる。が、晩年事故によりカメラを持つことを断念する日が訪れるのだった。
大正―昭和―平成と、旺盛な探究心で写真に人生を捧げた姿を愛用のカメラ・グラフレックスが語る一代記。

◎作品のモデル・山沢 栄 子(1899-1995)◎
大阪生まれ。1926年、27歳で単身渡米し写真を学ぶ。 1929年大阪に戻り、大阪堂島ビルにポートレートスタジオを開設、1935年そごう百貨店内の3Fのスタジオに移転。関西の文化人や経済人、新劇女優山本安英の舞台写真を手掛けるなどポートレート分野で活躍。60歳を過ぎてから抽象写真に取り組み、新しい世界を開拓、最晩年はコラージュの創作に挑み、生涯、表現の自由を求めた。
スタッフ 演出:深津篤史(桃園会) 脚本:高橋恵(虚空旅団) 舞台監督:谷本誠(CQ) 舞台美術:池田ともゆき(TANK!池田意匠事務所) 音響効果:大西博樹 照明:西岡奈美 作曲:村山裕希(dracom) 歌唱指導:塩崎有妃子 衣装:はたもとようこ(桃園会) 宣伝美術:(株)宣成社、尾崎久美子 制作協力:尾崎雅久(尾崎商店)
キャスト 片岡百萬両(ミジンコターボ) 北村守(スクエア) 杏華(兵庫県立ピッコロ劇団) 条あけみ(あみゅーず・とらいあんぐる) 武田暁(魚灯) 得田晃子 中村京子 原綾華(桃園会) 村尾オサム(遊劇体) 雪之ダン
飛鳥井かゞり(猫会議) 大石洋満 諏訪いつみ(満月動物園) 速水佳苗 春野恵子(浪曲師) 宮川国剛(トイガーデン) 吉川育江

チケット発売日

2012年1月20日(金)

公演日程

2012年3月23日(金) 〜 3月25日(日)

2012年3月

18 19 20 21 22 23
  • 19:00
  •  
  •  
24
  • 15:00☆
  • 19:00
  •  
25
  • 14:00★
  •  
  •  
26 27 28 29 30 31
☆…終演後、ギャラリートークあり/解説:綾智佳(The Third Gallery Aya ディレクター)
★…終演後、アフタートークあり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24361

トラックバック一覧