ちりゅう芸術創造協会『ミュージカル「おもひでぽろぽろ」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ちりゅう芸術創造協会

パティオ演劇公演2012/劇団わらび座創立60周年記念

『ミュージカル「おもひでぽろぽろ」』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年6月2日(土)
会場 パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)
〒472-0026 愛知県知立市上重原町間瀬口116番地
PR・解説 スタジオジブリの人気作が、栗山民也の演出で初のミュージカル化!

1982年の夏。山形県の農家を舞台に、都会で生活する27歳のOLが、自然と共存して暮らす人々や懐かしい思い出と触れ合い、本当の自分を探す物語。
人間の心の回復を描いた舞台です。
ストーリー 1982年の夏。今日も都内の銀行で膨大な書類に奮闘している27歳のOL・タエ子。
ある日、彼女の前に、小学5年生の自分が現れた。
何かの病気になったかと家族が心配するなか、タエ子の心には幼い頃に憧れた二つの思い出がよぎる。
「夏休みには、田舎へ行ってみたい!」
タエ子は思い切って休暇をとり、憧れの田舎、姉の夫の実家がある山形の高瀬へと、一人でかける。

小学5年生の ワタシ を連れて。

自然の営みや農家の人々との出会いの中で、都会にはない魅力を発見していくタエ子。
村中に響き渡る祭囃子、エネルギッシュな獅子舞――東京に帰る前夜。
村の祭りに出かけようとするタエ子に、ばっちゃ(おばあちゃん)は思いがけない申し出をする。
困惑するタエ子に、またも甦る小学生の“おもひで”・・・
小学5年生のワタシが教えてくれたこととは?時空を超える“おもひで”の旅が、タエ子を変えていく――
スタッフ 原作:アニメーション映画「おもひでぽろぽろ」
(脚本・監督/高畑勲 原作/岡本螢・刀根夕子)
台本・作詞:齋藤雅文
演出:栗山民也
作曲:甲斐正人
企画制作:わらび座
協力:スタジオジブリ
キャスト タエ子:碓井涼子
トシオ:三重野葵
タエ子の母・ばっちゃ(二役):丸山有子 他
お問い合わせ パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)
0566-83-8100 / 0566-83-8102
パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)HP

チケット発売日

2012年3月17日(土)

入場料金

会員4,100円/一般4,500円/バルコニー席(会員・一般ともに)3,000円(全席指定・税込)

※未就学児の入場はご遠慮下さい。
※車椅子・親子室をご利用のお客様は事前にお問合せ下さい。
※団体先行予約を受付中です。詳しくは会館へお問合せ下さい。

チケット発売窓口

パティオ池鯉鮒(知立市文化会館) 0566-83-8102
※パティオしーとのお取扱いはパティオ池鯉鮒WEB販売・会員窓口アートセンターに限ります。

チケット販売サイトへ

パティオ池鯉鮒WEB販売 ※詳しくは会館ホームページをご覧下さい。
※事前入会が必要となります。

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:418-190

チケット販売サイトへ

公演日程

2012年6月2日(土)

2012年6月

          1 2
  • 14:30
  •  
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24428

トラックバック一覧