仙台シアターラボ『歴史という生き物』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

仙台シアターラボ

仙台シアターラボ公演

『歴史という生き物』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年6月22日(金)〜6月24日(日)
会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1
〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2-12-9
PR・解説 今回の舞台は構成演劇という手法で上演されます。
「ストーリーや台詞に頼らず俳優達がゼロから創りあげたシーンを、抽象的な関連性によって連鎖させ、ある印象を作りだす演劇」それが構成演劇です。
構成演劇において俳優は、作家であり、演出家であり、全体であるといえます。
仙台シアターラボでは、俳優の実体験や、あるテーマに沿って抽出したイメージ群の中から各シーンを立ち上げていき、俳優が一番魅力的であることを念頭にそれらをブラッシュアップしていく、という創作スタイルをとっています。
当然舞台における「魅力」は、日常のそれとは異なり、日常においてはむしろマイナスに作用するような場合も少なくありません。その俳優にしか出せない魅力=個性を発見し、生かすための場が、構成演劇の創作現場だといえます。
創作現場では、作家の書いた台詞やストーリーよりも、目の前にいる人間が魅力的かどうかだけをじっくり時間をかけて突き詰めていきます。
それゆえ、構成演劇の舞台に立つ俳優たちは動物性エネルギーに満ち、人間の魅力をまき散らしています。
構成演劇には、演劇が演劇らしくいられるための原初的なエネルギーが溢れています。
今回の舞台では膨大なエネルギーをかけて、生命燃焼活動を行う者たちが数多く登場します。
そんな登場人物を演じる際に小手先の技術はいりません、
俳優に必要なのは、純粋に生命を燃焼すること。
それだけです。
ストーリー 「歴史に名を残す。そんな欲望は全て消え失せろ!」とでもいうように、時は冷徹で無慈悲である。
もしや時=歴史は意思を持ち、残すべきものと消すべきものを選別しているのかもしれない。
不可能なものへの情念と挫折を炸裂させる人間どもを描け!!
スタッフ 音響 村上卓弥、中村大地
照明 山澤和幸
情宣写真 佐々木隆二 川村智美
宣伝美術 川村智美
製作 仙台シアターラボ
キャスト 野々下孝、澤野正樹、永澤真美、本田椋、飯沼由和
お問い合わせ 仙台シアターラボ
090-9647-4425
sendai.theatre.labo@gmail.com
仙台シアターラボ

チケット発売日

2012年4月1日(日)

入場料金

一般前売2,800円/一般当日3,300円/学生前売2,000円/学生当日2,500円/高校生以下0円(全席自由・税込)

学生前売・当日 当日要学生証
高校生以下 当日要学生証・各回申込先着10名

チケット発売窓口

仙台シアターラボ 090-9647-4425
お名前、電話番号、チケット種類、日時、枚数を電話またはE-mail:sendai.theatre.labo@gmail.comでご連絡ください。こちらからの返信をもちましてご予約完了となります。返信がない場合は、お手数ですが仙台シアターラボまでご連絡ください。

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演の45分前より会場にて販売

公演日程

2012年6月22日(金) 〜 6月24日(日)

2012年6月

17 18 19 20 21 22
  •  
  • 19:30
  •  
23
  • 14:00
  • 19:00
  •  
24
  • 13:00
  • 18:00
  •  
25 26 27 28 29 30

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24605

トラックバック一覧