高知県立美術館『マイケル・クラーク・カンパニー「come, been and gone/カム・ビーン・アンド・ゴーン」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

高知県立美術館

高知パフォーミング・アーツ・フェスティバル2012

『マイケル・クラーク・カンパニー「come, been and gone/カム・ビーン・アンド・ゴーン」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年5月17日(木)〜5月18日(金)
会場 高知県立美術館ホール
〒781-8123 高知県高知市高須353-2
PR・解説 英国バレエ界の'革命児'、マイケル・クラークによる新作公演。20年ぶりの来日公演は、高知県立美術館のみ。
ストーリー 現在イギリスにおいて最も重要な振付家として認められるマイケル・クラークの最新作、「come, been and gone /カム・ビーン・アンド・ゴーン」の上演が、高知県立美術館ホールの単独招聘で実現します。80年代に“パンク・バレエ”と称される作品を発表し一世を風靡したクラークの最新作は、デヴィッド・ボウイの音楽を起用し、スタイリッシュで斬新なファッション、ビジュアルアートなどが融合した作品として高い評価を得ました。2009年のエジンバラ(スコットランド)、ベニス(イタリア)、ロンドン(イギリス)などでの公演を経て、20年ぶりの来日を果たします。
スタッフ 振付:マイケル・クラーク
照明デザイナー:チャールス・アトラス
衣装:スティービー・スチュワート リチャード・トーリー マイケル・クラーク
キャスト ダンサー:ハリー・アレキサンダー ケイト・コイン フィオナ・ジョップ オクサナ・パンチェンコ ベンジャミン・ワルビス シモン・ウイリアムス ほか
お問い合わせ 高知県立美術館
088-866-8000
museum@kochi-bunkazaidan.or.jp
高知県立美術館

チケット発売日

2012年4月9日(月)

入場料金

5,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

ローソンチケット
l-tike.com
Lコード:68701
当日券情報 ホール受付にて

公演日程

2012年5月17日(木) 〜 5月18日(金)

上演時間 上演時間:第1幕21分/休憩20分/ 第2幕23分/休憩20分/第3幕42分 (計126分)

2012年5月

13 14 15 16 17
  • 19:00○
  •  
  •  
18
  • 19:00○
  •  
  •  
19

Dancers:Oxana Panchenko& Clair Thomas  Dancers:Benjamin Warbis Dancer:Simon Williams Photo:Jake Walters 

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24626

トラックバック一覧