NPO法人日本伝統芸能振興会『歌舞伎フォーラム公演「あんまと泥棒」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

NPO法人日本伝統芸能振興会

第23回

『歌舞伎フォーラム公演「あんまと泥棒」』4年ぶり、復活第1弾&凱旋公演

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年5月28日(月)〜5月29日(火)
会場 日本橋劇場
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1
PR・解説 ◎2月のプレビュー公演は売り切れ続出!待望の歌舞伎フォーラム公演が復活します。

 2月の大田文化の森ホールと国立演芸場でのプレビュー公演を経て、あの歌舞伎フォーラム公演が帰ってきます。
5月公演で上演する「あんまと泥棒」は、あんまの家に押入った泥棒がなんとかお金を奪い取ろうと脅しますが、あんまはのらりくらりとかわします。その二人のやり取りが滑稽でおもしろく、大人から子どもまで、歌舞伎通の方から初めての方まで、誰もが楽しんでいただける作品です。

◎マレーシア/シンガポールでも大好評!堂々の凱旋公演!!

 「あんまと泥棒」は、3月には国際交流基金を通じて“マレーシア/シンガポール公演”を開催いたしました。言葉の通じない場所で歌舞伎のおもしろさが伝わるのかと渡航前は不安もありましたが、大入り満員の連続で、全会場で笑いの渦が巻き起こりました。歌舞伎が世界で通用することを証明でき、素晴らしい成果を残すことができました。今公演は、この凱旋公演でもあります。

◎歌舞伎をより深く理解するためのワークショップ演目「朗読歌舞伎」

 歌舞伎フォーラム名物となっている《歌舞伎ワークショップ》では、《歌舞伎のセリフ》に焦点を当てた「朗読歌舞伎」で“忠臣蔵の三段目”を披露します。セリフにスポットを当てることで、歌舞伎の言葉のリズム感、日本語の美しさを再発見するためのワークショップとなっています。
またワークショップと本編の間には、華やかな歌舞伎舞踊「外記猿」でお客様の目を楽しませます。
ストーリー 第一部 歌舞伎ワークショップ 《歌舞伎のセリフを楽しもう》 演出/竹柴源一
朗読歌舞伎 「仮名手本忠臣蔵 〜三段目 足利館松の間刃傷の場〜」

 舞台は松の間。高師直の元に、送れて出仕してきた塩冶判官が妻・顔世から届けられた師直宛の文を差し出す。顔世にご執心であった師直は、自分が送った文への色よい返事かと上機嫌に受け取るが、中にか古歌によそえた断りの返事が書かれていた。我が意に添わぬ事ばかりで鬱憤積もった師直は、急に判官に当り散らし始める。はじめは大名らしく聞き流していた判官であったが、果てに「鮒侍」とまで罵られ、たまらず刀に手をかける・・・。

第二部 歌舞伎舞踊 「外記猿」

 元禄時分の歌舞伎に行われた浄瑠璃に外記節というものがありましたが、今では河東節の中にたった二段だけ残っているのみで、その他は滅びてしまいました。
その中に、猿回しを扱った「猿」という曲があり、歌詞だけ残っていたのを、四代目杵屋三郎助が文政七年に外記節復活のイミで新しく作曲したのが「外記猿」です。猿を背負って町々を回っている猿曳きがとある家から呼び止められて、猿の芸を見せるという内容で、その中にさまざまな変化のある踊りが織り込まれ、楽しめる見どころが満載の踊りです。

第三部 歌舞伎 「あんまと泥棒」 作/村上元三 演出/竹柴源一 

 秀の市は目が見えず、あんまで生計を立てて暮らしている。ある日、家に帰るとぬっと現れたのは、泥棒の権太郎。権太郎は「金を出せ!」と凄む。初めは怖がっている素振りをを見せていた秀の市だが、実はそれほど怖がってはいない様子。逆に、暗がりの中では権太郎の方が不安になってくる。秀の市は、権太郎の要求をのらりくらりとかわしながら、いつの間にか立場は逆転。酒をせがみ、終いには自分の不幸な身の上を語り始め、権太郎の同情を買う始末。権太郎は金を奪うどころか、とうとう秀の市にお金を恵んでやる羽目に。泣く泣く去っていくのだった。しおらしく感謝を述べていた秀の市だったが、権太郎が去った途端、大笑いし出し・・・。
スタッフ プロデューサー:竹柴源一
製作:舞台創造研究所
主催:NPO法人日本芸能振興会
キャスト 菊月喜千寿 千川貴楽 花柳寿美蔵 ほか
お問い合わせ NPO法人日本伝統芸能振興会
03-3552-6637
office@atpa.jp
日本伝統芸能振興会最新情報

チケット発売日

2012年4月2日(月)

入場料金

S席4,000円/A席3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

日本伝統芸能振興会チケット係 03-3552-6637
メールでの申し込み/お問い合わせも可。
office@atpa.jp

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2012年5月28日(月) 〜 5月29日(火)

2012年5月

27 28
  •  
  •  
  • 16:30
29
  • 12:00
  •  
  • 16:30
30 31    
開場は開演の30分前を予定しています。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24723

トラックバック一覧