劇的集団 転機与砲『フォーチュン・トリガー』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇的集団 転機与砲

第15弾公演&10周年公演

『フォーチュン・トリガー』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年6月2日(土)〜6月3日(日)
会場 倉敷市芸文館 アイシアター
〒710-0046 岡山県倉敷市中央1-18-1
PR・解説 「芝居を観た後、人の心にプラスベクトルの転機を生み出したい」

そんな思いのもと、岡山県倉敷市で活動するエンターテイメント劇団、転機与砲。
10代から40代の老若男女、様々な個性の光る役者とスタッフが集い、気軽に見れる芝居、劇場に来た後は元気になってもらえる公演を目指しています。
今回のお芝居は、劇団付脚本家「限界妄想」が手がける、コメディタッチのアクションです。

見た後は、きっと何かが変わる。
きっと、何かをしようという元気が沸いてくる。

是非、劇場にてお楽しみ下さい。
ストーリー それは、二つの信念が交わる物語……。

人の欲望を開放する「フォーチュン・トリガー」。
人の邪念を払う「聖剣ジャスティス」。
魔王試験に臨む天使と悪魔は、それぞれのアイテムを手に人間界に降り立つ。
「フォーチュン・トリガー」の使い手に選ばれたのは、復讐代行屋のクロガネ。
ひょんなことから、クロガネは悪魔とともに魔王の試験に挑むことになる。
一方天使は、「聖剣ジャスティス」の使い手とともに、騒動を起こしていた。
心の奥底の願いを、開放するか? 切り捨てるか?
二つの信念はぶつかりあい、魔王試験は人間界を巻き込んだ大騒動へと発展していく。
スタッフ 作・演出:限界妄想
製作総指揮:チェリー・竹島
舞台監督:神那真里
制作:劇的集団 転機与砲
キャスト ■クロガネ  チェリー・竹島
■悪魔   我愛奈あん子
■シロガネ 廉
■天使   ザ☆ローリー
■アカネ  白鳥アヒル
■ヨウスケ 城尋士
■ミズタ  猫月玲
■キバ   飛登美兄
■カネコ  LOADMAX
■シロタ  喫茶潤
■サヤマ  有賀とういちろう
■アトウ  芭蕉院弥勒
■カゲヤマ 山響
■コロシヤ 芭蕉院弥勒
■親父   LOADMAX
■魔王   有賀とういちろう
■門番   芭蕉院弥勒
□コロス  ドルチェアヤメ/雅到直也
お問い合わせ 劇的集団転機与砲
086-421-8199
geki@tenkiyohou.net
劇的集団 転機与砲WEBサイト

チケット発売日

2012年4月10日(火)

入場料金

前売シングル1,800円/前売ペア3,000円/当日シングル1,999円(税込)

※各回100席のため、出来るだけ前売券のご購入をお願いします。
※当日席は、前売席の埋まり具合により、発売数が上下します。また、見づらい席などになる可能性がありますのでご了承下さい。

チケット発売窓口

劇的集団転機与砲 086-421-9199
劇団WEBページにて前売チケットの予約を受け付けております。
万一、予約後にキャンセルされる場合、お金はいただきません。
ただし、今回は座席数管理を行っているため、その旨を劇団までご連絡ください。

チケット販売サイトへ

ぎんざや  岡山市北区表町 1-10-35
 10:00〜18:00(定休なし)
インディスク  倉敷市阿知 1-7-1(※天満屋倉敷店4F LOFTそば)
 10:00〜19:30(定休日なし)
当日券情報 前売り券の売れ行きにより、販売数が変わります。
また、前売席を優先的に自由席にするため、場合によっては見づらい席等にご案内する可能性があります。
ご了承下さい。
割引情報 未就学児の膝上での観劇は無料です。

公演日程

2012年6月2日(土) 〜 6月3日(日)

上演時間 約120分

2012年6月

          1 2
  • 14:00
  • 19:00
  •  
3
  • 11:00
  • 15:00
  •  
4 5 6 7 8 9

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24782

トラックバック一覧