岡崎藝術座『アンティゴネ/寝盗られ宗介』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

岡崎藝術座

岡崎藝術座・熊本公演

『アンティゴネ/寝盗られ宗介』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年4月27日(金)〜4月29日(日・祝)
会場 早川倉庫
〒860-0032 熊本県熊本市万町2-4
PR・解説 岡崎藝術座の新作公演では、久しぶりに既成の戯曲を用い、
魅力的な俳優陣4名と、【ギリシャ悲劇×つかこうへい】に挑み初の熊本上陸!
早川倉庫という明治初期に建てられた酒蔵の空間で、どのような化学反応が
起こるのか、ご期待ください!
新年度、観劇初めにお選びいただければ幸いです。
出演者、スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
ストーリー 『アンティゴネ』
ソポクレース作。
父王オイディプスの死ののち、故郷テーバイ*に帰った娘アンティゴネは、王位をめぐる抗争のすえ祖国に
弓を引いて倒れた実兄ポリュネイケス*を葬ろうとして、埋葬の儀を厳しく禁ずる叔父の新王クレオンと対立する。

*テーバイ・・古代ギリシアにあった都市国家。アンティゴネはオイディプスの放浪に付き添っていたが、コロノスの地で父が死ぬと、故郷のテーバイへ戻った。
*ポリュネイケス・・オイディプスの失脚後、テーバイでは、オイディプスの二人息子ポリュネイケスとエテオクレスが一年おきに王権を収めることにしたが、エテオクレスはそれを破りポリュネイケスを追放し、国を独占した。アルゴスに逃れたポリュネイケスは、テーバイ攻めの七将の一人として、テーバイを攻め、兄弟は相打ちとなって死んだ。

『寝盗られ宗介』
つかこうへい作。
ドサ回り一座。座員をけしかけ、妻との駆け落ちを繰り返させる座長と、内縁の妻で一座の看板女優・レイ子。
翻弄される座員たち。積極的なマゾヒズム。だが、ついに今度は、女房は帰って来ない……。
キャスト 作:「アンティゴネー」ソポクレース 「寝盗られ宗介」つかこうへい
演出・美術:神里雄大
出演:武谷公雄 鷲尾英彰 稲継美保 山縣太一(チェルフィッチュ)
お問い合わせ 岡崎藝術座 
090-6476-9799
okazaki.info@gmail.com
岡崎藝術座

入場料金

一般・学生(前売、当日とも) 2,000円/高校生以下 0円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

岡崎藝術座 090-6476-9799
岡崎藝術座webサイト http://okazaki.nobody.jp/

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演の30分前より会場にて販売

公演日程

2012年4月27日(金) 〜 4月29日(日・祝)

上演時間 約70分

2012年4月

22 23 24 25 26 27
  • 19:30
  •  
  •  
28
  • 19:30
  •  
  •  
29
  • 14:00
  •  
  •  
30          
※受付開始は開演の30分前、上演時間は約70分。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24831

トラックバック一覧