石塚隆充『【予約受付終了しました。お申し込みありがとうございます(記5/19)!】石塚隆充「A Pelo Vol.8」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

石塚隆充

銀座のアートギャラリーでのフラメンコ・ライブ

『【予約受付終了しました。お申し込みありがとうございます(記5/19)!】石塚隆充「A Pelo Vol.8」』フラメンコの歌とギターのコアなライブ

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年5月22日(火)
会場 ギャラリー悠玄
〒104-0061 東京都中央区銀座6-3-17 悠玄ビル
PR・解説 石塚隆充カンテライブ A Pelo (ア・ペロ) vol.8
5月22日(火) 19:00開演(18:00開場)

石塚隆充は、現在、その活動が最も注目されているカンタオール(=フラメンコ歌手)。昨年12月にスペイン・ツアーを終え、今年の夏にはセカンド・アルバムのリリースを予定している。石塚が2年前から銀座のギャラリーで定期的に続けているライブ・シリーズの第8弾が5月22日に開催される。

会場のギャラリー悠玄の地下一階は、漆喰の白壁と木製家具に囲まれた洞窟のようなスペースだ。この空間に惹かれ『独特な雰囲気のギャラリーの中で、ギターと歌だけの飾らないライブを、定期的にひらきたい』と、2010年4月に同シリーズを始めた。

「A Pelo」(「ア・ペロ」、スペイン語で『飾らないで』、『裸のままで』、 『そのままで』)というタイトルどおり、マイクを通さない、フラメンコの歌とギターをそのままを堪能できるのが、このシリーズの魅力。

日本では、踊りのイメージばかりが先行しているが、スペインでは、フラメンコといえば、カンテ(歌)のこと。
石塚は『プログラムを決めず、自分のMCを交えながら、その場、その場で浮かんできた曲を歌い進めていく』という。伴奏者には、スペインよりエミリオ・マジャを迎える。エミリオはグラナダのジプシー一家 マジャ・ファミリー出身の名手。伴奏するギタリストが毎回異なるのもこのシリーズならでは。

40〜50人集まればほぼ満員という会場。ライブならではの魅力を十分に味わえる距離感で、石塚の歌はもちろん、出演する二人の息づかい、歌い手と伴奏者の間の音にならない気配などを楽しむことができる。このライブ・シリーズ「A Pelo」で、是非、カンテ・フラメンコの魅力を堪能していただきたい。ワンドリンク(シェリー酒)付き。
お問い合わせ 石塚隆充 カンテ・ライブ係
takante2010@gmail.com
公式HP
石塚隆充 公式Facebookページ
Taka, Takamitsu Ishizuka 石塚隆充 | Facebook

チケット発売日

2012年2月29日(水)

入場料金

前売り予約3,000円/当日3,500円(全席自由・税込)

ワンドリンク(シェリー酒)付き。

チケット発売窓口

石塚隆充 カンテ・ライブ係 チケットはメール予約となります。
takante2010@gmail.com
石塚隆充Facebookのチケット予約ページ

チケット販売サイトへ

当日券情報 ------------

2012/5/20【予約を終了します】

多数のご予約を頂きありがとうございます。
5月19日お昼過ぎ現在、予約でお席がいっぱいになりました​。
今後、公演当日にかけて、調整により、お席がご案内でき​る可能性がございます。その場合は、Facebookで​ご案内をさせていただきたいと思います。
https://www.facebook.com/takatakante
5月22日(火)石塚隆充 カンテ・ライブ「 A PELO 」Vol. 8
石塚隆充カンテ・ライブ 係

------------
前売予約で満席となった場合には、当日券の販売はございません。

公演日程

2012年5月22日(火)

2012年5月

20 21 22
  • 19:00
  •  
  •  
23 24 25 26

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24871

トラックバック一覧