ナントカ世代『マックス・ヤスガーさんの憂鬱』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ナントカ世代

第12回公演

『マックス・ヤスガーさんの憂鬱』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

ナントカ世代、実に約5年ぶりとなる新作です。

公演データ

公演期間 2012年7月6日(金)〜7月8日(日)
会場 アトリエ劇研
〒606-0856 京都府京都市左京区下鴨塚本町1
PR・解説 原作を採用した劇作を続けてきたナントカ世代が、実に5年ぶりの脱・原作。ウッドストック・フェスティバルにまつわりたい人たちの不条理群像劇です。
ストーリー マックス・ヤスガーさんは途方に暮れていた。
とはいえ、彼に他の選択肢もなかった。
 
先ごろの訴訟でマックス・ヤスガーさんがこしらえた借金はあまりに莫大で、
このままでは600エーカーの牧場も、手放さなくてはいけなくなる。
 
マックス・ヤスガーさんはもう一度、音楽祭を開くことにした。
何もかもがきらきらと眩しかった、あの時間を取り戻すために。
ってゆーのはウソで、本当は金策だ。
水も食料も、高値で売りつけてやろう。
 
今、マックス・ヤスガーさんは立ち尽くし続ける。
何しろ、祭りの主役であるジミヘンが、いつまで経っても来やしないのだから・・・
 
ナントカ世代、実に約5年ぶりとなる原作なしの作品は、
20世紀のアメリカ的なもののうち、最もヒッピーでハッピーなことばのひとつ、
「ウッドストック・アート・アンド・ミュージック・フェスティバル」にまつわりたい人たちのお話。
スタッフ [演出・音響]北島 淳
[舞台監督]釈迦谷 智
[美術]丸山 ともき
[照明]真田 貴吉
[撮影協力]筒井 加寿子(ルドルフ),たかつかな(何色何番)
[制作]作田 京子
[製作]蚤の市
キャスト 浦島史生(柳川)、
延命聡子、
桐山泰典(やみいち行動/中野劇団)、
津野允(柳川)、
葛井よう子、
真野絵里(中野劇団)、
蜜比呂人(†RABBIT×GANG†)
お問い合わせ ナントカ世代
075-801-3360
sedai@jv.main.jp
ナントカ世代ホームページ

チケット発売日

2012年6月1日(金)

入場料金

一般前売1,800円/一般当日2,300円/ペア前売2,800円/学生前売1,200円/学生当日1,800円(全席自由・税込)

ペアは1枚で2名様ご入場いただけます。

チケット発売窓口

ナントカ世代(予約専用フォーム) http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=d4d7d94231
6/1〜予約受付開始。

チケット販売サイトへ

京都芸術センター(窓口販売) 窓口販売のみ。6/1〜

チケット販売サイトへ

アトリエ劇研(電話予約) 075-791-1966
電話予約のみ受付。

チケット販売サイトへ

当日券情報 当日券の入場は制限する場合があります。
割引情報 ご予約のお客様に限り、初日(6日)の前売料金から300円引き

公演日程

2012年7月6日(金) 〜 7月8日(日)

上演時間 90分程度

2012年7月

1 2 3 4 5 6
  • 19:30☆
  •  
  •  
7
  • 15:00
  • 19:30
  •  
8
  • 13:00
  • 17:00
  •  
9 10 11 12 13 14
☆予約に限り前売料金から300円引き

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24929

トラックバック一覧