鎌倉能舞台『県民のための能を知る会 鎌倉公演 朝の部「仏原」昼の部「俊寛」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鎌倉能舞台

『県民のための能を知る会 鎌倉公演 朝の部「仏原」昼の部「俊寛」』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年9月14日(金)
会場 鎌倉能舞台
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
PR・解説 「平清盛」に因んだ番組です。
清盛の愛人「仏御前」が旅僧の前で在りし日の姿で舞を舞う「仏原」。
「鹿ヶ谷の陰謀」で平家転覆を企み、清盛の怒りに触れ鬼界が島に流された俊寛僧都が、最後に独り取り残されて慟哭する悲劇「俊寛」。
平清盛の人間像を知るチャンスかもしれません。
ストーリー 「俊寛」あらすじ
シテが一人取り残されそうになった時に、取り乱して人間くささを出すか、あくまでも立派に「シテ」として振る舞うかで、演出ががらっと変わってしまいます。
前半のツレとのやりとり、後半のワキとのやりとりも気合いが揃わないと芝居にならないのでお互いに神経を使います。


「仏原」あらすじ
世阿弥元清作の三番目鬘物ですが滅多に出ません。鬘物は他に人気曲が多いのが一番の理由ですが曲自体もとらえどころのない、ある意味で難しい曲だとも言えます。
華やかな装束を身に纏いながら曲趣はしっとりとした風情で、最後も成仏して有難うではなく人の世の儚さを教え消え失せると言う終わり方。
シテの考え方で色々な表現方法がある曲です。
キャスト 小林健二、
大蔵教義、宮本昇、
五木田三郎、中森貫太、中森健之介、則久英志、柿原光博、鵜澤洋太郎、藤田貴寛、
駒瀬直也、遠藤喜久、桑田貴志、鈴木啓吾、奥川恒治、小島英明、佐久間二郎、古川充
お問い合わせ 鎌倉能舞台
0467-22-5557
webmaster@nohbutai.com
鎌倉能舞台HP

チケット発売日

2012年5月1日(火)

入場料金

自由5,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

鎌倉能舞台 0467-22-5557

チケット販売サイトへ

公演日程

2012年9月14日(金)

2012年9月

9 10 11 12 13 14
  •  
  • 10:00
  •  
  • 14:00
15
開場は開演の30分前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=24931

トラックバック一覧