横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ『オペラシアター こんにゃく座「ピノッキオ」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ

泉こども区民劇場

『オペラシアター こんにゃく座「ピノッキオ」』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年7月22日(日)
会場 横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ
〒245-0016 神奈川県横浜市泉区和泉町3511-9
PR・解説 4人の歌い手とピアニストによる、こんにゃく座のアンサンブル力が最大限に発揮された舞台!
歌い手は自由自在に役どころを行き交い、さまざまな楽器を奏でながら所せましと歌い演じます。小さな空間からあらゆるものが飛び出す様はまるで手品のよう。どうぞピノッキオと一緒におかしな旅に出かけませんか?
ストーリー ジェペットじいさんによって、一本の木から人形になったピノッキオ。
いい子にしているといつか、本当の人間の子どもになれると言われ、学校へ出かけますが、人形一座のいる芝居小屋へ寄り道したり、ずる賢いキツネとネコに出会い、もらった金貨をだまし取られてしまったり…。
疲れて途方にくれていると、今度はオモチャの国行きの馬車に出会い乗ってしまいます。オモチャの国で遊んでばかりいて、とうとうロバになってしまったピノッキオは、市場へ売られ、海に放り込まれ、大きなクジラに飲み込まれてしまいました。
なんと、クジラのお腹のなかで、ピノッキオを探して旅にでたジェペットじいさんと再会。おじいさんを助け、クジラの口から泳いで逃げだします。
旅をして、たくさんの出会いをして強くなったピノッキオは言います。
「ボク、ピノッキオ、木の人形だ、人間の子供になれなくても、幸せになれるんだ」。
スタッフ 原作:カルロ・コッローディ
台本:山元清多
作曲:萩京子
演出:伊藤多恵
美術:荒田良
衣裳:太田雅公
照明:中川隆一
舞台監督:久寿田義晴
キャスト 出演:オペラシアターこんにゃく座 
お問い合わせ 横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ
045-805-4000
mail@theatre-fonte.com
テアトルフォンテ ウェブサイト

チケット発売日

2012年5月19日(土)

入場料金

一般(大人)2,000円/フォンテチケット1,700円/こども(小学生以下)1,000円(全席指定・税込)

※フォンテチケットは、泉区民、18歳以下・65歳以上、障がい者の方を対象にした割引制度です(お一人様2枚まで) 購入時に、保険証・運転免許証・学生証・障害者手帳など、証明できるものを窓口にお持ちください。

チケット発売窓口

横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ 045-805-4000

チケット販売サイトへ

公演日程

2012年7月22日(日)

上演時間 約1時間20分 
途中休憩なし

2012年7月

22
  • 15:00
  •  
  •  
23 24 25 26 27 28

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=25097

トラックバック一覧