シス・カンパニー/Bunkamura PRESENT『ボクの四谷怪談』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

シス・カンパニー/Bunkamura PRESENT

騒音歌舞伎(ロックミュージカル)

『ボクの四谷怪談』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
中面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年9月17日(月・祝)〜10月14日(日)
会場 Bunkamura シアターコクーン
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
PR・解説 絃(いと)の調べは七五調 鼓(ドラム)の響きは八拍子(エイトビート)
ここは“お江戸”か“現代”か? こんな「四谷怪談」、見たことない!
橋本治 幻の戯曲を、蜷川幸雄が奇跡の発掘!
シス・カンパニーとBunkamuraが強力タッグで贈る、
荒ぶる魂が美しく輝く“青春群像劇”!

「お岩さんの怪談話」として、日本人の誰もが知っている『四谷怪談』。
本公演の演出を務める蜷川幸雄も、舞台では、1971年に現代人劇場、2001年にはシアターコクーンにて上演。映画でも、81年『魔性の夏・四谷怪談より』、'04年『嗤う伊右衛門』の2作を監督し、原作歌舞伎の中にある、「幽霊」の視覚的、感覚的だけではない普遍的な恐怖〜人間の業の醜さ、おぞましさ〜 を、現代性を帯びた究極の人間ドラマとして浮かび上がらせてきました。
その蜷川が、演出家デビュー直後の'70年代に偶然読む機会を得て以来、その記憶の奥深くに刻まれていた『四谷怪談』が、作家・橋本治が東大在学中に書いた、本作『騒音歌舞伎(ロックミュージカル) ボクの四谷怪談』です。「約40年の眠り」を打ち破り、いよいよ幻の戯曲に"生命"が吹き込まれる時がやってきました!

キャストも軽妙で諧謔的でありながら、猥雑なエネルギーに満ちた「青春群像時代劇」に相応しい、充実の布陣、そして音楽も日本のロックシーンやサブカルチャーに絶大な影響力を保ち続ける鈴木慶一と、蜷川幸雄独自の美学が融合し、ロックが反逆の象徴であった'70年代と現代とをつなぎながら、リアルな時代性をもって、橋本治が描いた世界を浮き彫りにしていきます。
ストーリー 時代は「昭和五十一年にして文政八年、さらに元禄十四年であり、しかも南北朝時代」。 ところは東京都江戸市内。
長髪&Tシャツ&Gパン姿で職もない民谷伊右衛門(佐藤隆太)は、 当世人気の文化芸能人、伊藤喜兵衛(勝村政信)の早熟娘、お梅(谷村美月)に一目惚れされる。 伊右衛門にはお岩(尾上松也)という病身の妻がいるが、伊藤父娘はおかまいなしに伊右衛門を 口説きまくる。お岩の妹、お袖(栗山千明)には許嫁の佐藤与茂七(小出恵介)がいるが、主君の仇討 ちのため東奔西走する与茂七は滅多に顔を見せてくれない。
そんなお袖に恋い焦がれるのは、伊右衛門の友人で、何をやってもうまくいかない直助(勝地涼)だ。
元武士のプライドばかり高い義父の四谷左門(瑳川哲朗)、伊右衛門を妖しい眼差しで見つめる 腹違いの弟、次郎吉(三浦涼介)、口うるさい母親のお熊(麻実れい)など、伊右衛門の周囲は面倒 な身内ばかり。
やがて、妻のお岩の身に異変が起き──。
スタッフ 脚本・作詞:橋本 治 演出:蜷川幸雄 音楽:鈴木慶一
キャスト 佐藤隆太 小出恵介 勝地 涼 栗山千明 三浦涼介 谷村美月 尾上松也
麻美れい 勝村政信 瑳川哲朗 青山達三 梅沢昌代 市川夏江
大石継太 明星真由美 峯村リエ 新谷真弓 清家栄一 塚本幸男 新川將人 ほか
お問い合わせ シス・カンパニー(平日11:00〜19:00)
03-5423-5906
*公式HP
Bunkamura(10:00〜19:00)
03-3477-3244
*公演詳細

チケット発売日

2012年7月21日(土)

入場料金

S席9,500円/A席7,500円/コクーシート5,000円(全席指定・税込)

*コクーンシートは特にご覧になりにくいお席です。ご了承の上、お求めください。

チケット発売窓口

発売初日特別電話番号

チケットぴあ 0570-02-4420
※発売当日は特電でも受付
ローソンチケット 0570-084-664
※発売当日は特電でも受付
e+(イープラス) 0570-06-9901
※発売当日は特電でも受付
Bunkamuraチケットセンター ※初日特電10:00〜17:30 03-3477-9912
※7/22以降は 03-3477-9999(10:00〜17:30)
※オンラインチケットは要事前登録

チケット販売サイトへ

Bunkamuraチケットカウンター(10:00〜19:00) ※発売初日の取扱いはございません。
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:419-754
*チケットぴあ各店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクスの各店舗

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:30026
*ローソン各店舗(店内Loppi)

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
*全国のファミリーマート各店舗(店内Famiポート)でも直接販売

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売
*詳細は公式HPへ

公演日程

2012年9月17日(月・祝) 〜 10月14日(日)

上演時間 約3時間25分
(休15分、10分)

2012年9月

16 17
  •  
  •  
  • 18:30
18
  •  
  •  
  • 18:30
19
  • 13:00
  •  
  • 18:30
20
  • 休演
21
  •  
  •  
  • 18:30
22
  • 13:00
  •  
  • 18:30
23
  • 13:00
  •  
  •  
24
  •  
  •  
  • 18:30
25
  • 13:00
  •  
  •  
26
  • 13:00
  •  
  • 18:30
27
  • 休演
28
  •  
  •  
  • 18:30
29
  • 13:00
  •  
  • 18:30
30
  • 13:00
  •  
  •  
           

2012年10月

  1
  •  
  •  
  • 18:30
2
  • 13:00
  •  
  •  
3
  • 13:00
  •  
  • 18:30
4
  • 休演
5
  •  
  •  
  • 18:30
6
  • 13:00
  •  
  • 18:30
7
  • 13:00
  •  
  •  
8
  • 13:00
  •  
  •  
9
  •  
  •  
  • 18:30
10
  • 13:00
  •  
  • 18:30
11
  • 休演
12
  •  
  •  
  • 18:30
13
  • 13:00
  •  
  • 18:30
14
  • 13:00
  •  
  •  
15 16 17 18 19 20
【大阪公演】
日程:10月19日(金)〜22日(月)
会場:森ノ宮ピロティホール
お問合せ:キョードーインフォメーション(10:00〜19:00)06-7732-8888

*未就学児童の入場はご遠慮いただいております。
*車椅子でご来場のお客様は、当日スムーズにご案内させて頂くため、チケットご購入後、公演前日までに東京公演⇒Bunkamura、大阪公演⇒キョードーインフォメーションにご連絡ください。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=25149

トラックバック一覧