劇団スリークウォーター『未来の担い手たちに告ぐ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団スリークウォーター

劇団スリークウォーター JAM vol.3

『未来の担い手たちに告ぐ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年7月15日(日)〜7月16日(月・祝)
会場 GEKIBA
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-31-15
PR・解説 Three Quarter JAM とは次代を担う劇団員が、企画から公演までの全てを組み立てる事により、演劇の面白さを知る事を目的とした公演。
「いつものすりくお」とは一味違うメンバーで創り出す「旬な味」をお客様にも楽しんでいただけます。
いろいろな可能性を詰め込んだこの企画。今回はどんな『JAM』が出来上がるのか…

★☆★☆ご予約&公演詳細★☆★☆★

◎ 劇団ホームページ
PC   http://www.3quarter.com/
モバイル http://www.3quarter.com/m/
 
◎CoRich舞台芸術!
https://ticket.corich.jp/apply/37071/

◎お問い合わせ
jam2012@3quarter.com
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ストーリー 【あらすじ】
――――――――――――――――――――――――
「記憶刑」とは犯罪者の記憶を消し、
更生に必要な記憶を埋め込み、まったく別の人格を作り出す刑罰。
これにより、完全な犯罪者の更生と早急な社会復帰が可能となった。
ある日、記憶刑の設立に関わった官房長官の拉致事件が起きる。
実行犯は「レテの使徒」と名乗り、日本政府に一兆円の要求を行った。
しかしレテの使徒の目的は、営利目的による官房長官拉致とは別にあった――

レテの使徒と東京警視庁との間で繰り広げられる激戦の中、
徐々に明らかとなっていく記憶刑の闇。

未来の担い手とは何か。
そしてこの日本に未来はあるのか――
――――――――――――――――――――――――
キャスト 仙波佑資 [研修生]
瞳 [研修生]
ゆりあ [研修生]
藩地真世
藤香
涼木まりえ
静永誠 [2011年度研修生]
あすか
吉田一番 [研修生]
権兵衛
田辺友紀 [研修生]
有園邦弘

入場料金

前売り1,500円/当日2,000円(全席自由・税込)

公演日程

2012年7月15日(日) 〜 7月16日(月・祝)

2012年7月

15
  • 14:00
  • 19:00
  •  
16
  • 12:00
  • 16:00
  •  
17 18 19 20 21
※受付・開場は開演の30分前です
※開演5分前までに受付をお済ませください
※ご予約がない場合は、ご入場いただけないこともございますのでご了承ください

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=25469

トラックバック一覧