東京演劇集団風『年老いたクラウン』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東京演劇集団風

ビエンナーレKAZE国際演劇祭2012

『年老いたクラウン』おまえの乳房のうえで調教したエスカルゴ

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

結 Conclusion

公演データ

公演期間 2012年9月8日(土)〜9月10日(月)
会場 レパートリーシアターKAZE
〒164-0003 東京都東京都中野区東中野1−2−4
PR・解説 2009年、第4回ビエンナーレKAZE国際演劇祭のために、オリビエ・コントの代表作『年老いたクラウン』の続編として、マテイ・ヴィスニユックが書き下ろし、初演した作品です。
時代や社会、引き裂かれた人間の断面から“いま”を見つめるルーマニア出身の亡命作家マテイ・ヴィスニユック。彼が描く儚く美しい物語―そのエロティックス。
演じるのは、人間の生きることの惨めさや哀しさを優しく、激しく掬い取り、詩的なまでに昇華するフランスの名優オリビエ・コント。
ストーリー 互いが互いに、自分が相手の身振りを完全に操っていると信じている年老いたクラウン=ニコロとひとりの女性。繰り返される活発で無力な呼びかけ、そして次々とニコロのもとを去っていく身体の機能……まずは「性器」、それから心臓、そしてすべてが彼のもとを去っていく……。
傷口という鏡を通して束の間、ふたつの存在は交差する。
年老いたクラウン=ニコロに描かれる人間の卑猥さや歪みのなかに、私たちが願う〈結〉―激しくもまた優しさに満ちた世界が現れる。
スタッフ 作:マテイ・ヴィスニユック
演出:エレヌ・ニコランスコット/オリビエ・コント
音楽制作・舞台美術・音響・照明:フランソワ・シャファン
演出助手:南雲史成
キャスト オリビエ・コント Olivier Comte
ジョン・マーク・エルアン Jean-marc herouin
お問い合わせ 東京演劇集団風
03-3363-3261
info@kaze-net.org
東京演劇集団風

チケット発売日

2012年6月1日(金)

入場料金

当日4,000円/前売3,800円/学生3,300円/年間通しチケット(3枚綴り)10,000円(税込)

チケット発売窓口

東京演劇集団風 03-3363-3261

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より整理券を配布

公演日程

2012年9月8日(土) 〜 9月10日(月)

2012年9月

2 3 4 5 6 7 8
  • 14:00
  •  
  •  
9
  • 14:00
  •  
  •  
10
  • 19:00
  •  
  •  
11 12 13 14 15

後援:ドイツ連邦共和国大使館/在日フランス大使館/在日ルーマニア大使館/中野区

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=25662

トラックバック一覧