劇団1980『ボクゼン』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団1980

『ボクゼン』映画『どん底』より

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年8月29日(水)〜9月2日(日)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
ストーリー 無人のスタジオ内。建て込まれた江戸の場末の棟割長屋。
映画『どん底』のセットである。
40日間のリハーサルを経て、いよいよ明日からの撮影を控えた静寂の中に、二人の人影が現れる。松葉杖を引いた貧相な巡礼姿の男と、それに寄り従う女。嘉平(=ルカ)の役を与えられた俳優・ボクゼンと、その付き人である妻の糸であった。
ボクゼンは苦しむ。40日間あらゆる考察・あらゆる試みを施したものの、嘉平=巡礼ルカが沸いてこない。妻・糸に当り散らし、脱疽の足を呪う。
「ルカなんて、そう簡単に理解できる役じゃないんだよ、あんなウソつきで、得体の知れない奴は、普通の人間の理解を超えているんだよ!」
ボクゼンの怒りは昂ぶり、彼自身が”脳神経の異常”と呼ぶ突発的な癇癪がまた破裂しそうになってくる。戸惑う糸。
ついには、自分で振り回した松葉杖で脱疽の足をしたたかに打ちすえてしまう。精神は悲鳴を上げ、足の激痛にのたうちまわるボクゼン。
この苦難の果てに、己の芸は昇華する――孤立した信念を貫こうとするボクゼンの前に、いつしか「どん底」の登場人物たちが幻影となって現れ、かつての妄信と裏切りの中で歪んだボクゼンの実人生を問い詰めてゆく。
虚実入り混じった壮絶な苦悶の果てに、俳優ボクゼンが掴み得たものとは
スタッフ 作…大谷美智浩
演出…山本隆世
装置・衣裳…佐々波雅子
照明…古宮俊昭
音響…斉藤美佐男
舞台監督…高田潔
キャスト 柴田義之・里村孝雄・藤川一歩・翁長諭・木之村達也・小出康統・湯澤俊典・則松徹・前屋和喜・金丸卓弘
上野裕子・室井美香・山田ひとみ
永江智明(岩淵ぐるうぷ)・釆澤靖起(文学座)・星野有里(サムライプロモーション)・大田怜治・稲垣友介
お問い合わせ 劇団1980チケットダイヤル
03-3321-7898
劇団1980公式ホームページ

チケット発売日

2012年7月30日(月)

入場料金

前売一般3,600円/学生2,000円/シニア(65歳以上)2,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

劇団1980チケットダイヤル 03-3321-7898

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:422-547

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より販売

公演日程

2012年8月29日(水) 〜 9月2日(日)

上演時間 約1時間35分

2012年8月

26 27 28 29
  • 19:00
  •  
  •  
30
  • 14:00※
  • 19:00
  •  
31
  • 19:00
  •  
  •  
 

2012年9月

            1
  • 14:00
  •  
  •  
2
  • 14:00
  •  
  •  
3 4 5 6 7 8
※8/30(木)の2時からの回、追加公演決定!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=25990

トラックバック一覧