鎌倉能舞台『県民のための能を知る会 鎌倉公演「定家」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鎌倉能舞台

『県民のための能を知る会 鎌倉公演「定家」』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年11月25日(日)
会場 鎌倉能舞台
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
PR・解説 死して尚、元カレのストーカーに追い回されて軟禁状態にある式子内親王・・・すごく暗い内容の曲ですが謡も型も美しい! 三番目鬘物の中で一番の大曲です。
しかし上演時間が120分近い上に前半は殆ど動きません。完全に上級観客向けの曲ですがハマると感動できます!!
演じるシテにもかなりの覚悟が必要で、万全の体調、精神状態で望みたい曲ですね。
ストーリー 北国の僧が都に上り千本の辺りまで来ると時雨が降り始めたので近くにあった亭(ちん:高台など眺望の良い所に建てられたあずまや)で雨宿りをしていると一人の女が現れ亭が藤原定家が時雨の和歌を詠んだ場所と教え、その後式子内親王の御墓に僧を案内する。
そこで僧が見たものは葛に覆い隠された御墓。これが定家と密かに契りを結んでいた内親王が亡くなった後定家の執心が葛となって取り憑いている姿と女は語り、我こそ式子内親王と言い姿を消す。
僧が弔っていると法華経の功力で成仏できると喜び報恩の舞を舞う。しかし再び葛が這い纏いその姿は御墓の中に消え失せる。
キャスト 解説:葛西聖司
囃子方:安福光雄 飯田清一 竹市学
ワキ方:工藤和哉 則久英志
狂言方:善竹十郎
シテ方:中森貫太 観世喜正 五木田三郎 弘田裕一 駒瀬直也 中所宣夫 奥川恒治 佐久間二郎 小島英明 中森健之介
お問い合わせ 鎌倉能舞台
0467-22-5557
webmaster@nohbutai.com
鎌倉能舞台

チケット発売日

2012年8月12日(日)

入場料金

9,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

鎌倉能舞台 0467-22-5557

チケット販売サイトへ

公演日程

2012年11月25日(日)

上演時間 150分

2012年11月

25
  •  
  • 13:00
  •  
26 27 28 29 30  
開場は開演の30分前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=26038

トラックバック一覧