新宿625『小林秀雄先生来る』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

新宿625

第二回公演

『小林秀雄先生来る』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年10月3日(水)〜10月8日(月・祝)
会場 笹塚ファクトリー
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-56-7 京王笹塚ビル地下2階
PR・解説 2011年、楠見尚己・ふくまつ進紗・小形満・てらそままさき・沢海陽子の
イイ大人5人が芝居ユニットを立ち上げた!
新宿625[シンジュクロクニーゴ〕

その旗揚げ公演では、永井愛の岸田戯曲賞受賞作『兄帰る』を上演。
日常性を重視しつつ演劇としての面白さを、新宿625ならではの大人の人間味溢れる
言葉巧みなホームコメディとし、好評を博した。

そして第二弾として、原田宗典の『小林秀雄先生来(きた)る』が決定!
ゲストには、コミカルで多彩な魚建氏と、大御所・納谷六朗氏を迎えての
ちょっとおバカな青春ストーリー。
ストーリー 昭和57年6月。
ここは青森県西津軽郡カフカ浦。
同人誌「津軽大學」の4人のメンバー、瀧二。作太郎・一佐・万五がいた。
次号「津軽大學」はいよいよ百号め。
「何か記念事業みでなごと、でぎねがな」と考え思い付いたのが、
有名な作家先生を招いての講演会だ。
でも、こんなド田舎に、そして同人誌のために作家先生は来てくれるのだろうか?
瀧二は思い切って、評論家“小林秀雄先生”に依頼の手紙を書いた。
そして、翌年の講演会前日にカフカ浦駅に降り立ったのは…。
スタッフ 作:原田宗典
演出:寺杣昌紀
舞台監督:木川達也
美術:志村靖夫
装置:株式会社タフゴング
照明:武井由美子
照明協力:株式会社シアターブレーン
音響:渡辺禎史
宣伝美術:益井千春(Influx)
イラスト:北澤秀也
制作:SUI
企画・製作:新宿625
協力:株式会社ゆーりんプロ・劇団AUN・株式会社マウスプロモーション
キャスト てらそままさき・沢海陽子・小形満・楠見尚己・ふくまつ進紗
ゲスト:納谷六朗・魚建
お問い合わせ SUI<スイ>
03-5902-8020
shinjuku625@gmail.com

チケット発売日

2012年8月17日(金)

入場料金

前売4,000円/当日4,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

SUI<スイ> 03-5902-8050
電話受付(平日11:00〜17:00)
shinjuku625@gmail.com
メールでのお申込みの場合は、タイトルに「先行予約」、本文に「お名前(ふりがな)・〒・住所・TEL・メールアドレス・希望日時・枚数」を明記の上、ご送信ください。折り返し、予約確定のご案内をお送りいたします。
【最終受付9/30(日)】
当日券情報 開演の1時間前より劇場受付にて販売いたします。
混み合った場合、当日券を販売しない場合もございます。

公演日程

2012年10月3日(水) 〜 10月8日(月・祝)

2012年10月

  1 2 3
  • 19:00
  •  
  •  
4
  • 14:00★
  • 19:00★
  •  
5
  • 19:00★
  •  
  •  
6
  • 14:00
  • 19:00
  •  
7
  • 14:00
  •  
  •  
8
  • 13:00
  •  
  •  
9 10 11 12 13
★終演後、シークレットゲストを交えてのトークショーあり
開場は開演の30分前。受付開始は開演の1時間前。
※未就学児入場不可。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=26065

トラックバック一覧