噴水キャバレエ『幻の大真珠ヴィータ・ブリランテ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

噴水キャバレエ

噴水キャバレエ10周年記念

『幻の大真珠ヴィータ・ブリランテ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年9月15日(土)〜9月16日(日)
会場 スタジオY'S
東京都
PR・解説  海に育まれた真珠がその身に宿す淡い七色の光、その魅惑的な光は、古代より人々の羨望を駆り立て、王侯貴族の装身具には権力と美の象徴として多数の真珠が縫いこまれてきました。この度皆様にお見せするのはとりわけ大きな幻の大真珠・ヴィータ・ブリランテ(素晴らしい人生)から飛び出した、世にも珍しい踊りとお芝居です。どうぞご堪能下さいませ。
ストーリー □一部 「竜神の珠と乙姫」
幕開き、チョウチョウ魚が舞い踊る伊豆の竜宮城。しかし乙姫は日々泣いてばかり。助けたカメに連れられてきた浦島太郎が伊豆の竜宮城から去って早10年、乙姫が渡した玉手箱で老人となって亡くなった太郎の墓前にたむけるために、乙姫は竜宮の秘宝、箱根芦ノ湖に住む九頭竜神の珠(大真珠)を水陸両用の亀に託します。しかし悪い亀は箱根山芦ノ湖の辺にあるという太郎の墓前に行く道すがら、竜神の玉を飲み込み、石ころと摩り替えます。それを見ていた竜宮の隠密、ロマンスカニ子と竜神の玉の奪い合いになりますが、折り悪く通りがかりの駅伝ランナーも交えて小競り合い、亀は芦ノ湖に真珠もろとも落ちてしまいます。意識を失ったカメが目を覚ますとそこは地獄の賽の河原。たちまち鬼たちに見つけられ地獄の責めを受けます。身もだえするカメに賽の河原の地蔵菩薩が声をかけます。「可愛そうなカメよ。自分を背負って川原の底を泳ぎなさい。そうすれば現世に戻れます。」と。地蔵の言うとおり、カメが地蔵を背負い、光も音も無い川原に入ると、やがて水底で、眩いばかりの真珠の精霊がカメの行く手を照らすのでした。再び、目を覚ました亀は、自分が芦ノ湖の傍らで気を失っていて、しかも背負っていた地蔵菩薩こそ、芦ノ湖の辺にあった浦島太郎の墓だと知って、因縁の深さに驚くのでした。すっかり改心したカメが竜宮城に戻り、舞台は竜宮城の大宴会となって幕となります。
□二部 「黒真珠の酒場」
スペインにある黒真珠の酒場のおやじさんは落ち着き無くお店の準備をしています。今日は気心の知れた踊り子達を呼んでの酒盛りの日。彼らからお酒の御代を取らない代わりに、おじさんの大好きな闘牛の踊りを存分に見せてもらおうという趣向です。しかし楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、おやじさんはお店から帰る踊り子達の背中を見ながら願います。「・・・人生は楽しむには短すぎる、ああ夢よ覚めないでくれ!」おじさんの願いは通じ、黒真珠の酒場には、いつ果てるとも無く踊り続ける踊り子達の姿がありました。(バレエドンキホーテより、ジプシーダンス他)
キャスト 置田久利子
渡邊加奈
根本貴教
三浦孝之
KYOUSUKE
お問い合わせ 噴水キャバレエ
purima3@excite.co.jp
バレエ薔薇色の夢

チケット発売日

2012年8月1日(水)

入場料金

全席2,700円(税込)

当日3,000円 開場後劇場入り口にて販売

公演日程

2012年9月15日(土) 〜 9月16日(日)

上演時間 80分

2012年9月

9 10 11 12 13 14 15
  • 20:00
  •  
  •  
16
  • 12:00
  •  
  •  
17 18 19 20 21 22

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=26206

トラックバック一覧