『ディートリッヒ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

『ディートリッヒ』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年10月29日(月)〜11月4日(日)
会場 青山劇場
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-1 こどもの城
PR・解説 2010年3月、和央ようか主演で上演され圧倒的な賞賛を持って迎えられた舞台「ディートリッヒ」が、2012年10月、全く新しく生まれ変わり上演されます。

1901年、20世紀の幕開けとともに一人の女優がベルリンで生を受ける──彼女の名は、マレーネ・ディートリッヒ。映画監督ジョセフ・フォン・スタンバーグに見出され、「嘆きの天使」「モロッコ」でその名声を確立すると、ドイツからハリウッドに渡ります。その挑発的な態度、妖しい魅力を持つ目つきや脚線美で世界中の目を釘付けにしました。

第二次世界大戦への不気味な足音が響く中、祖国ドイツのために反ナチスを掲げ、第二次世界大戦中には自ら望んで前線に赴き兵士たちを励ましました。そのとき歌った「リリー・マルレーン」は彼女の代名詞ともなり、多くの人々の心を揺り動かしたのです。

そして、再演となる今回の舞台では演出や脚本、出演者、楽曲も一新いたします。
脚本・演出には、「スタンド・バイ・ミー」「リトルショップ・オブ・ホラーズ」「Pal Joey」「ドラキュラ」の演出、「RENT」「CHICAGO」の演出スーパーバイザーなど、幅広い分野でその知識と豊かな表現力を発揮している吉川徹を新たに迎えます。

出演者には、初演に続き出演するディートリッヒ役の和央ようか、トラヴィス・バントン役の鈴木綜馬、ヨゼフィーヌ役の今 陽子に加え、今回からは新たに、エディット・ピアフ役に荻野目慶子、マリア役に新垣里沙、ジャン・ギャバン役に姜 暢雄、ヘミングウェイ役に今井清隆と舞台や映像、音楽のフィールドで活躍中の名だたるキャスト陣が新たに加わり、より一層グレードアップした舞台に仕上がりました。

第二次世界大戦という激動の時代の中、その大きな歴史のうねりに流されることなく、自分の選んだ道をひたむきに信じて、真っ直ぐに生きつづけた女優ディートリッヒ。

映画のように鮮やかに、そして、自由に、強くしなやかに生きたディートリッヒの魅力的な生き様を鮮烈に描き、初演でも存分に観客を楽しませたディートリッヒやピアフらが歌う名曲の数々だけでなく、今作では新たな楽曲が多数加わり、より一層、心に訴えかける作品へと生まれ変わります。

ディートリッヒと和央ようか。二人の「女優」の魂が舞台上で重なるとき、私たちは本当の美しさが何かを知ることになるでしょう。

この秋、新しい作品として生まれ変わる「ディートリッヒ」。どうぞお楽しみに。
ストーリー 20世紀初頭、映画は無声映画からトーキーの時代へ。映画界は新しい時代の新しいスターを必要としていた。新作映画『嘆きの天使』のヒロインとして、スタンバーグ監督に見いだされた女優マレーネ・ディートリッヒは故郷ベルリンを離れ、ハリウッドへと進出する。映画『モロッコ』は大ヒットとなり、ついに彼女はハリウッドに君臨する女王へと上り詰める。

折しもドイツではヒットラー率いるナチズムが広がっていた。ディートリッヒの影響力に目を付けたナチス・ドイツは彼女に帰国するよう圧力をかけるが、表現の自由を奪うナチスを彼女は拒否する。

パリで生活を始めたディートリッヒは、歌手エディット・ピアフや、俳優ジャン・ギャバンと出会う。ピアフの常識にとらわれない破天荒な人柄に惹かれ、二人はその後生涯の親友になる。また、ギャバンと恋に落ちたディートリッヒは戦火を避けるため一緒にハリウッドへと移るが、故国の苦難に悩むギャバンは彼女を残しフランスへと戻り入隊する。ディートリッヒもアメリカ国民としてヨーロッパの最前線への慰問団に入ろうと決意するのだが……
スタッフ 脚本・演出 / 吉川 徹
訳詞・作詞 / 竜 真知子

音楽監督・作曲 福井小百合
初演楽曲 宮● 誠 (●は「崎」のつくりの上が「立」)
振付 森田守恒
装置 伊藤雅子
照明 原田保
衣裳  三浦将起
ヘアメイク 山田 操
音響 遠藤宏志
演出助手 保科由里子
舞台監督 七瀬 孝
制作協力  Planning Office GS

プロデューサー 麻田幹太(Quaras)
企画プロデュース 松野博文(Quaras)
主催 読売新聞社 / Quaras
企画製作 Quaras
キャスト 和央ようか 荻野目慶子 鈴木綜馬 新垣里沙 姜暢雄
/今井清隆 今陽子 ほか
お問い合わせ サンライズプロモーション東京
0570-00-3337
*ディートリッヒ 公式URL

入場料金

S席12,000円/A席9,000円/B席6,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

『ディートリッヒ』オンラインチケット (PC・携帯)

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
【9/22特電】0570-02-9930
【9/23以降】0570-02-9999(Pコード:422-357)

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
【9/22特電】0570-08-4632
【9/23以降】0570-08-4003(Lコード:33354)
【9/23以降】0570-00-0407(オペレーター予約 / 10:00-20:00)
e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
【9/22特電】0570-08-9922
【9/23以降】0570-08-9999(オペレーター予約 / 10:00-18:00)
サンライズオンライン (PC・携帯)

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて抽選販売
*公式HPにて詳細を事前にご確認下さい

公演日程

2012年10月29日(月) 〜 11月4日(日)

上演時間 約2時間40分
(休憩未定)
*変更の可能性あり

2012年10月

28 29
  •  
  •  
  •  
  • 18:30
30
  •  
  • 13:30
  •  
31
  •  
  • 13:30
  •  
  • 18:30
     

2012年11月

        1
  •  
  • 13:30
  •  
2
  •  
  • 13:30
  •  
3
  • 12:30
  •  
  • 17:30
4
  • 12:30
  •  
  • 17:30
5 6 7 8 9 10

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=26232

トラックバック一覧