W・ローズ『ROSE』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

W・ローズ

『ROSE』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

本邦初演。珠玉の一人芝居。

公演データ

公演期間 2012年11月7日(水)〜11月11日(日)
会場 ブレヒトの芝居小屋
〒177-0051 東京都練馬区関町北4-35-17
PR・解説 『BENT』で知られるマーティン・シャーマン1999年の作品『ROSE』。日本での本格上演は初となる。
80歳のユダヤ女性の一人舞台・・・挑むのは、志賀澤子。現在、東京演劇アンサンブル代表でもある彼女が、劇団公演ではなくプライベート・ユニットで上演を決めた。
演出には高瀬久男。所属の文学座に留まらず幅広い活躍をみせる「コンダクター」を得て、「プリマ」はどんなROSEを演じるか?
語る力と聞く力によって成立する演劇の原点が、この作品にはあります。 
ストーリー 古い木製のベンチに腰掛けたローズは静かに語りだす。
旧ソビエトの小さな村で生まれたこと、貧しい暮らしだったこと、兄を頼りにワルシャワに移るが、そこにドイツ軍が攻めてきたこと。エクソダス号でイスラエルを目指したこと、アメリカに渡りビーチサイドで働きはじめたこと・・・次々に。
80年の波瀾に満ちた人生から零れ落ちる、出会いと別れ・・・喉が渇くと彼女は水を飲む。
そしてまた、語り始める。
スタッフ 作/マーティン・シャーマン、訳/堀真理子、演出/高瀬久男(文学座)、美術/乗峯雅寛(文学座)、照明/大鷲良一(創光房)、音響/熊野大輔(SoundGimick)、衣裳/加納豊美(アトリエDIG)、舞台監督/富田稔英(文学座)、演出助手/三由寛子(東京演劇アンサンブル)、宣伝美術/奥秋圭、制作/高橋俊也(THEATRE-THEATER)、企画・製作/W・ローズ、協力/東京演劇アンサンブル
キャスト 志賀澤子
お問い合わせ W・ローズ
rose.ticket@gmail.com
制作携帯/090-3474-7999(高橋)

チケット発売日

2012年9月18日(火)

入場料金

一般3,500円/学生2,000円(全席自由・税込)

料金は前売・当日同額。学生は学生証提示。

チケット発売窓口

東京演劇アンサンブル 03-3920-5232
電話は月曜〜土曜。10時〜18時。
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2012年11月7日(水) 〜 11月11日(日)

上演時間 約1時間50分

2012年11月

4 5 6 7
  •  
  • 19:00
  •  
8
  •  
  • 19:00
  •  
9
  • 14:00
  •  
  •  
10
  •  
  • 19:00
  •  
11
  • 14:00
  •  
  •  
12 13 14 15 16 17

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=26320

トラックバック一覧