劇団桟敷童子『泥花』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団桟敷童子

第16回下北沢演劇祭参加

『泥花』…明日ニ、咲ケ!

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

ドンドロドロロト 泥ニナレ

ドンドロドロロト 花ニナレ

人間ヤメテェ 泥ニナレ

泣クヲ知ラズノ 花ニナレ

ソシテ咲カセヨ 満開ダァ

ソシテ散ラセヨ 花吹雪

今日ガ駄目ナラ マタ、明日

泥花ヨ 咲ケ!

公演データ

公演期間 2006年2月10日(金)〜2月19日(日)
会場 ザ・スズナリ
〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15
PR・解説 1950年代の炭鉱街を舞台に繰り広げられる人間模様。
劇団桟敷童子が新境地に挑む、渾身の最新作。
どうぞご期待下さい。
ストーリー 赤堀第弐炭鉱で落盤事故が起こり、炭鉱主だった父親が蒸発してしまった。
一年後、残された千鶴、美代、ハジメの三姉弟は追われる様に住み慣れた
街を離れ、親戚のもとに身を寄せることになった。
そしてひと月後には姉弟は離ればなれに暮らすことになるのだ。
姉弟達は事故を起こした炭鉱主の子どもであることを口止めされていた。
しかし千鶴と美代にやたらとちょっかいを出す男、道郎が現れる。
道郎は両親をあの赤堀第弐炭鉱の落盤事故で亡くしていた。
いぶかしむ千鶴をよそに、美代が道郎に好意を寄せはじめ・・・
スタッフ 作=サジキドウジ/演出=東 憲司/照明=Jimmy((株)FREE WAY)/照明操作=(株)FREE WAY/チラシ画=東 芙美子/チラシデザイン=山田武/写真=浅香真吾/美術=塵芥/舞台監督=吉田フユノ/舞台協力=松下清永 ほか
キャスト 原口健太郎/稲葉能敬/池下重大/桑原勝行/小野瀬弥彦/尾崎宇内/鈴木めぐみ/外山博美/川原洋子/もりちえ/松本しゃこ/新井結香/中井理恵/板垣桃子/ヨネクラカオリ(劇団阿佐ヶ谷南南京小僧)/川田涼一
お問い合わせ 劇団桟敷童子
03-3345-7616
s-douji@imail.plala.or.jp
劇団桟敷童子

チケット発売日

2006年1月15日(日)

入場料金

前売2,800円/当日3,300円/学生割引2,300円(全席自由・税込)

※学生割引は前売のみ、当日受付にて学生証を提示。

チケット発売窓口

劇団桟敷童子 03-3345-7616
※e-mail・webからのご予約は、ご観劇2日前迄にお申し込み下さい。

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:366-172
※日時指定・予約番号付き
e+(イープラス)
eplus.jp
※日時指定・予約番号付き

公演日程

2006年2月10日(金) 〜 2月19日(日)

上演時間 約1時間45分

2006年2月

5 6 7 8 9 10
  • 19:30
  •  
  •  
11
  • 14:00
  • 19:00
  •  
12
  • 14:00
  • 19:00
  •  
13
  • 19:30
  •  
  •  
14
  • 19:30
  •  
  •  
15
  • 14:00
  • 19:30
  •  
16
  • 19:30
  •  
  •  
17
  • 19:30
  •  
  •  
18
  • 14:00
  • 19:00
  •  
19
  • 14:00
  •  
  •  
20 21 22 23 24 25

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2654

トラックバック一覧