劇団俳協『無頼の女房』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団俳協

劇団俳協創立30周年記念公演vol.8

『無頼の女房』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年12月5日(水)〜12月9日(日)
会場 TACCS1179
〒161-0034 東京都新宿区上落合1-17-9
PR・解説 劇団結成から30年。30周年記念連続公演もついにVol.8
今回は人気作家、中島淳彦氏の「無頼の女房」を上演いたします!

無頼派作家坂口安吾の妻、坂口三千代氏著作の「クラクラ日記」を元に執筆されたこの作品。
人情味のある喜劇を得意とする中島淳彦氏の軽妙なドラマに、劇団俳協が「生きる力強さ」を込めます。
ストーリー ――刹那、空飛ぶ作家は愛 おしい。
刹那――、見上げる妻は愛 くるしい?

有名無頼派作家、塚口圭吾。サケにクスリと堕落を絵に描いた男を献身的に支える妻、やす代。
そんな二人の前に、圭吾のかつての愛人・・・の、妹が現れた。
大事である。
騒ぎ立てるは愉快、軽快、痛快な、作家仲間と編集者、果ては鶏なのか、コケコッコ。
許してくれよと言わないが、愛して頂戴。
嗚呼、人生賛歌。
スタッフ 作 :中島淳彦
演出:伍堂哲也
美術:田代利之 伍堂哲也
照明:荒川忠昭
音響:Sound Syndrome
題字:詩人りゅうけん
舞台監督:青柿ひろし
制作:清家徳浩 土岐利臣

協力:シバイエンジン 株式会社三伸印刷
キャスト 三角えり奈
浅川 聡
あさぎ野瑶子
野村憲仁
霜田龍秋
野村能由
鈴木浩之
村上龍太郎
山岸治雄
伊藤有人
衛藤将展
松本義一
石川美樹
お問い合わせ 劇団俳協
03-3950-5705
ghaikyo@jade.dti.ne.jp
劇団俳協

チケット発売日

2012年10月24日(水)

入場料金

自由席3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団俳協 03-3950-5705

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演の45分前より劇場受付開始。
割引情報 高校生は通常料金3500円→2000円(劇団予約フォームのみ取り扱い)

公演日程

2012年12月5日(水) 〜 12月9日(日)

2012年12月

2 3 4 5
  • 19:00
  •  
  •  
6
  • 14:00
  • 19:00
  •  
7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 14:00
  •  
  •  
9
  • 14:00
  •  
  •  
10 11 12 13 14 15

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=26707

トラックバック一覧