劇団唐ゼミ☆『吸血姫』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団唐ゼミ☆

『吸血姫』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年11月16日(金)〜11月25日(日)
会場 浅草花やしき 特設テント劇場
〒111-0032 東京都台東区浅草2−28−1
PR・解説 ーもっとも不幸な女は もっとも優しい女

書き下ろし新作『木馬の鼻』の公演を経て
唐十郎屈指の傑作戯曲『吸血姫』に挑む。

公演動画はコチラ↓
http://youtu.be/Dq5kOp5SF8E
ストーリー 場所は東京足立区。院長・袋小路浩三(ふくろこうじ こうぞう)の経営する愛染(あいぜん)病院の人々は、3年にわたる院長の留守中も、献血車を繰り出して赤十字の活動に忙しい。献血にやってきた歌手志望の青年・肥後の守(ひごのかみ)は、そこで2人の看護婦に出会う。彼と同じく歌手を目指す海之ほおずき。二人に魅かれる肥後だったが、彼女たちは帰ってきた院長・浩三と彼の手下でムチウチ症の中年男、浩三の友人で歌謡界の鬼を名乗るシナチクレコード社の花形(はながた)らにたぶらかされてしまう。

 女たちを追って、舞台は愛染病院のある夏の江ノ島へ。さらに、いまや死の森と化した晩秋の上野の森へ。そこで肥後が見たものは、生き血をすする男たちによって蝕まれる女の転落と、彼女たちが背負わされた業の淵だった。
お問い合わせ 劇団唐ゼミ☆
090-9803-9409
karazemi@yahoo.co.jp
唐ゼミホームページ

チケット発売日

2012年10月14日(日)

入場料金

前売3,000円/当日3,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団唐ゼミ☆ 090-9803-9409

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:423-592
枚数に限りがあります。売り切れの場合は劇団にご連絡下さい。

チケット販売サイトへ

当日券情報 17時から受付にて販売
割引情報 ・3人以上の予約で全員3,000円→2,700円
・観劇当日、半券提示で花やしき入園無料!

公演日程

2012年11月16日(金) 〜 11月25日(日)

上演時間 約2時間45分
(休10分、10分)

2012年11月

11 12 13 14 15 16
  • 18:00
  •  
  •  
17
  • 18:00
  •  
  •  
18
  • 18:00
  •  
  •  
19
  • 休演
20
  • 休演
21
  • 休演
22
  • 休演
23
  • 18:00
  •  
  •  
24
  • 18:00
  •  
  •  
25
  • 18:00
  •  
  •  
26 27 28 29 30  
開場時間は17時30分。整理券番号順に入場。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=26714

トラックバック一覧