三日月バビロン『リンデンバウム』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

三日月バビロン

ザムザ阿佐谷提携公演

『リンデンバウム』〜回転木馬の柩〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

夜毎繰り返される世界樹の幻影。古びた回転木馬の甘い旋律。差し伸べられる影さえ、僕を絡め取る君、"狂気の血統"。廻り来るハズの木馬は彼方へ…。為す術も無いサヨナラの手を千切れるくらいに振って、崩壊した世界と君。目覚める月と眠る月を見送って僕は、僕を終えるための、残りの夢を見始めたハズだった・・・。

公演データ

公演期間 2006年2月24日(金)〜2月26日(日)
会場 ザムザ阿佐谷
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-12-21 ラピュタビル B1F
PR・解説 櫻木バビ渾身の最新作は、ゴシックホラー・ファンタジー!古びた館に暮らすとある血族たち。もう戻らない木馬の影が支配する「月蝕領」へ迷い込んだ青年。木馬と世界樹の幻影に翻弄される逃げ場の無い時間は、「最期の時刻」への狂おしい日々の記憶。待ちわびてなど居ないのに、その日に向けての全力疾走。輪の中から飛び出したひとりぼっちの木馬(青年)と廻り続け駆け去る木馬(道
化師)たち。一族の館、その庭の中心にそびえる世界樹の秘密とは…?

耽美かつ硬質透明な異世界への招待状。気のフレた真冬の仮面祭(マスケーラ)! 予想外のラストシーンは、あなたの奥に潜む無垢で残酷な少年少女を呼び覚まします。切なくも華やか、悲しくも爽やかな幕切れに、乞う御待!。
ストーリー 夜毎繰り返される世界樹の幻影。古びた回転木馬の甘い旋律。差し伸べられる影さえ、僕を絡め取る君、"狂気の血統"。廻り来るハズの木馬は彼方へ…。為す術も無いサヨナラの手を千切れるくらいに振って、崩壊した世界と君。目覚める月と眠る月を見送って僕は、僕を終えるための、残
りの夢を見始めたハズだった・・・。
スタッフ 作・演出=櫻木バビ/照明=小境春ニ/音響=飯田彰子/劇団ロゴデザイン&宣伝美術=藤原カムイ/メイクプラン=湯田ひとみ/記録映像=山崎幹夫/記録写真=齊藤未生/記録写真=川松百夜/制作=伊藤みちよ/制作=大高慶太 ほか
キャスト 狩野夏妃/古関千華子/かやべせいこ/荻須夜羽/榎本淳/梅原真実/築谷奈緒子/熊谷聖美/薗田弥生/如月せいいちろー/遠藤よし子 ほか
お問い合わせ 三日月制作事務所
ZAP10244@nifty.com
三日月バビロン
三日月バビロン+ブログサイト

チケット発売日

2005年12月1日(木)

入場料金

前売り2,700円/当日3,000円/ペアチケット(FC会員のみ)5,000円/学割2,500円(全席自由・税込)

ペアチケットはFC会員のみとなります。詳しくは劇団HPをご覧下さい。学割は受付けにて学生証をご提示頂きます。

チケット発売窓口

三日月制作事務所 http://mikazukibabylon.fc2web.com/

チケット販売サイトへ

公演日程

2006年2月24日(金) 〜 2月26日(日)

上演時間 約1時間20分

2006年2月

19 20 21 22 23 24
  • 19:00
  •  
  •  
25
  • 14:00
  • 19:00
  •  
26
  • 13:00
  • 18:00
  •  
27 28        
26日の公演時間にご注意下さい。開場は開演の30分前、整理券の配布は開演の1時間前

廻り来るはずの木馬は彼方…さあオイデ、気のフレた真冬ノ仮面祭(マスケーラ)へ

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2677

トラックバック一覧