青年団リンク・うさぎ庵『よいことわるいこと』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

青年団リンク・うさぎ庵

『よいことわるいこと』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年2月11日(土・祝)〜2月15日(水)
会場 アトリエ春風舎
〒173-0036 東京都板橋区向原2-22-17すぺいすしょう向原B1
PR・解説 ちょっぴり不思議なテイストで大人の恋愛を描き続ける工藤千夏(青年団演出部)の新作は、ペット専門の葬儀屋と双子が奏でる善悪と死と愛の物語。青年団実力派俳優、山村崇子、角舘玲奈、島田曜蔵、さらに、うさぎ庵はすっかり常連となった花組芝居の水下きよし、オールビーの日本初演『山羊−シルビアってだれ?−』でそのビビッドな演技が話題となった新進俳優、石川勇太(e.g.MILK)が競演します。
ストーリー 樹木葬の墓地。ペットの葬儀社を営む鶴橋が、客である矢野に猫の火葬から埋葬まで の流れを説明している。助手のミチルが事務所に届いた箱を持ってやってくる。開け ないで燃やしてくださいという手紙がついている。開けようととすると、そこは病院 の庭に変わる。「そんな夢をみていた」と、倉田医師に語るミチル。余命一年と宣告 されているミチルは、やり残したことについて倉田に相談しているのだが……。
スタッフ 作・演出=工藤千夏(青年団演出部)/舞台美術=杉山至×突貫屋/照明=西本彩/舞台監督=熊谷祐子/音楽協力=笠松泰洋/制作=沼田龍一、斉藤由夏/宣伝美術=工藤規雄+村上和子(Griffe inc.)/総合プロデューサー=平田オリザ/協力=花組芝居、架空の劇団、渡辺源四郎商店、RoMT、(有)レトル/企画・制作=青年団、(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
キャスト 山村崇子(青年団)/角舘玲奈/島田曜蔵/石川勇太(e.g.MILK)/水下きよし(花組芝居)
お問い合わせ 青年団
03-3469-9107
うさぎ庵

チケット発売日

2005年12月5日(月)

入場料金

前売・予約2,200円/当日2,500円(全席自由・税込)

※日時指定・全席自由席・整理番号付
※本公演は、芸術地域通貨ARTS(アーツ)でもご観劇いただけます。
(1ARTS=1円で使用できます。ARTSとは、桜美林大学内の演劇施設で施行されている地域通貨です。)

チケット発売窓口

青年団 03-3469-9107

チケット販売サイトへ

公演日程

2006年2月11日(土・祝) 〜 2月15日(水)

2006年2月

5 6 7 8 9 10 11
  • 15:00
  • 19:00
  •  
12
  • 15:00
  • 19:00
  •  
13
  • 20:00
  •  
  •  
14
  • 20:00
  •  
  •  
15
  • 16:00
  • 20:00
  •  
16 17 18
受付開始、開場は共に開演の30分前。上演時間は約70分を予定しています。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2688

トラックバック一覧