公益財団法人日本ナショナルトラスト、たてもの応援団、ほか『奉教人の死』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

公益財団法人日本ナショナルトラスト、たてもの応援団、ほか

旧安田邸公演 語りと和楽

『奉教人の死』芥川龍之介生誕120年によせて

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2012年12月1日(土)
会場 東京都指定名勝 旧安田楠雄邸
東京都文京区千駄木5-20-18
PR・解説 旧安田邸にも程近い田端の地は、かつて、芥川龍之介を始め、多くの文豪や芸術家が暮らし、田端文士村と呼ばれた。近年の区画整理で、木造建築ポプラ坂荘がなくなり、近代陶芸の先覚者・板谷波山の旧邸と工房跡も姿を消した。旧安田邸が建てられた前年に発表された芥川の名作を、語りと和楽で皆様とともに味わい、薄れゆく田端文士村の面影を追う。
ストーリー 『奉教人の死』(1918 大正七年・「三田文学」初出)
殉教者の心情や、東西の異質な文化の接触と融和という課題に興味を覚えた芥川が開拓した、近代文学の新分野“切支丹物”のひとつ。文禄・慶長ごろの口語文体にならったスタイルで書かれた、若く美しく信仰篤い切支丹奉教人の、哀しくも感動的な終焉を格調高く綴った名作。
キャスト 【出演】語りと和楽の芸人衆 かたりと(語り・北原久仁香、箏・山田雅生)
語り・北原久仁香―ナレーターとして活動するとともに、語りと和楽の舞台を企画・出演。寺院や文化財など、
由緒ある空間を舞台に、近年は、森まゆみ、森鷗外、朱川湊人、北村薫、岡本綺堂、池波正太郎などの作品に取組む。

箏・山田雅生―広島市出身。生田流箏曲 師範。
幼少期は触れる  程度だったが、十代後半、表現手段としての和楽器の面白さに気付く。語り・人形劇・芝居などとも多数共演。
お問い合わせ かたりと
katarito_wagaku@yahoo.co.jp
かたりとHP

入場料金

2,000円(全席自由・税込)

(維持修復協力金を含む)
要予約・定員50名

チケット発売窓口

かたりと メール受付
katarito_wagaku@yahoo.co.jp

チケット販売サイトへ

たてもの応援団 メール受付 
s_tani@t.toshima.ne.jp

チケット販売サイトへ

当日券情報 当日、念の為ご確認いただけると有り難く存じます。
旧安田楠雄邸 03-3822-2699

公演日程

2012年12月1日(土)

2012年12月

            1
  • 17:00
  • 19:00
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=26960

トラックバック一覧