アトリエ・ダンカン『教授』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

アトリエ・ダンカン

『教授』〜流行歌の時代を、独自の価値観で生きた歌好きの免疫学教授、そして、観念的な恋愛に己を捧げた助手〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年2月7日(木)〜2月24日(日)
会場 Bunkamura シアターコクーン
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
PR・解説 人は変わり、時代は移りゆくけれど、そこにはいつも寄り添う歌がある。
五木寛之のエッセイ『わが人生の歌がたり』からインスピレーションを受け、
「昭和歌謡」が寄り添う、鈴木勝秀のオリジナル演劇作品が誕生。

毎公演終了後には、中村 中が日替わりで超豪華ゲストを招く、アフターライブを開催!
昭和の流行歌を取り上げ、曲にまつわるエピソードを紹介しながら、ゲストたちが
中村 中の演奏で歌う、トークと歌のアフターイベント!
その時代を駆け抜けたシンガーたちと、その時代に思いを馳せるシンガーたち。
昭和歌謡に魅せられたすべての人々へおくる、「昭和歌謡クロニクル」!
ストーリー 安保闘争・労働争議などが湧き起こる、高度経済成長期の、60年代日本。
これは、そんな時代の趨勢とは無関係に生きていた、「寄生虫」を研究する、ある変わり者の教授と、教授を見つめ続けた助手、また、それを取り巻く、“時代”を生きる人々の物語である。社会とは無関係に生きているかに見えた“教授”だが、彼が唯一、社会との接点を持ったのは、「流行歌」を愛したことであった――。
60年代は政治の時代であるとともに、「流行歌の時代」でもある。性別・世代を超え、日本中の人々が同じ「流行歌」を、生きるうえでの伴侶としていた時代。
60年代を代表する作家・時代の寵児と言えば、間違いなく五木寛之だろう。本作は、五木寛之の流行歌にまつわるエッセイ『わが人生の歌がたり』に着想を受け、現在、世界中で一躍ブームを巻き起こしている「昭和歌謡」の世界観を色濃く匂わせながら、オリジナルの演劇作品を鈴木勝秀が書き下ろす。
スタッフ Based on: 五木寛之作 「わが人生の歌がたり」角川書店刊より
構成・演出  : 鈴木勝秀
音楽監督・弾き語り  : 中村 中
キャスト 椎名桔平 / 田中麗奈 / 高橋一生 / 
岡田浩暉 坂田 聡 伊達 暁 佐々木喜英 上條恒彦 / 中村 中
お問い合わせ サンライズプロモーション東京
0570-00-3337
アトリエ・ダンカン プロデュース『教授』公式サイト
http://www.duncan.co.jp/web/stage/professor/

チケット発売日

2012年11月25日(日)

入場料金

S席8,500円/A席7,000円/コクーンシート5,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:424-758
チケットぴあ、サークルKサンクス、セブンイレブン

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-000-777
0570-084-003
Lコード:33388
ローソン店内Loppi

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
0570-06-9993 eコード:087684
ファミリーマート店内ファミポート

チケット販売サイトへ

サンライズオンライン

チケット販売サイトへ

Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999
Bunkamuraチケットカウンター(1F正面入口右手)
※11/26以降残席がある場合のみ。

チケット販売サイトへ

アトリエ・ダンカン直前リザーブ 2013年1月28日(月)12時〜

チケット販売サイトへ

その他プレイガイド情報 ※コクーンシートはBunkamuraのみでの取り扱い
※未就学児童の入場はご遠慮ください。
※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話・PHSからはご利用になれません。
※音声自動応答での受付番号はダイヤル回線からのご利用はできません。プッシュ回線またはトーン信号の出る電話機からおかけください。
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売
*開演2時間前まで公式HPにて受付
*公式HPにて詳細を事前にご確認下さい

公演日程

2013年2月7日(木) 〜 2月24日(日)

上演時間 約2時間20分
(休憩あり)
*アフターライブを含む

2013年2月

3 4 5 6 7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 19:00
  •  
  •  
9
  • 14:00
  • 19:00
  •  
10
  • 13:00
  • 18:00
  •  
11
  • 14:00
  •  
  •  
12
  • 休演
13
  • 14:00
  • 19:00
  •  
14
  • 19:00
  •  
  •  
15
  • 19:00
  •  
  •  
16
  • 14:00
  • 19:00
  •  
17
  • 14:00
  •  
  •  
18
  • 19:00
  •  
  •  
19
  • 休演
20
  • 14:00
  • 19:00
  •  
21
  • 19:00
  •  
  •  
22
  • 19:00
  •  
  •  
23
  • 14:00
  • 19:00
  •  
24
  • 14:00
  •  
  •  
25 26 27 28    
※開場は、開演の30分前

「昭和歌謡クロニクル」Special Guest
2月7日(木)19:00・中尾ミエ
8日(金)19:00・山崎育三郎
9日(土)14:00・佐々木喜英/19:00・鈴木雅之
10日(日)13:00/18:00・山崎ハコ
11日(月)14:00・元ちとせ
13日(水)14:00・園まり/19:00・坂井邦先
14日(木)19:00・由紀さおり
15日(金)19:00・松原健之
16日(土)14:00/19:00・クミコ
17日(日)14:00・加藤登紀子
18日(月)19:00・五木寛之(スペシャルアフタートーク)
20日(水)14:00・石井一孝/19:00・木の実ナナ
21日(木)19:00・一青窈
22日(金)19:00・ジェロ
23日(土)14:00・尾藤イサオ/19:00・岡田浩暉
24日(日)14:00・上條恒彦

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=27287

トラックバック一覧