おぺら団「フレスカリア」『オペラ「イ・プリターニ(清教徒)」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

おぺら団「フレスカリア」

フレスカリア第16回公演

『オペラ「イ・プリターニ(清教徒)」』嘘と誠の狭間で交差する「愛」の行方。

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年1月19日(土)
会場 北区滝野川会館 大ホール(もみじホール)
〒114-8534 東京都北区西ヶ原1-23-3
PR・解説 どこを切り取っても美しい旋律に満ち溢れたベッリーニの傑作です。しかしその難易度の高さゆえに滅多に上演されない作品であり、日本で全曲演奏されるのもこれが実に4回目という希少な機会です。ぜひお聴き逃しのありませんように。
アルトゥーロを演じるのは第47回日伊声楽コンコルソ第2位に入賞したテノール曽我雄一。伸びやかで輝かしい高音をご堪能ください。
ストーリー 清教徒軍(議会派)と王党派との確執が激化する17世紀のイングランド。議会派のリッカルドは、同司令官ヴァルトン卿の娘・エルヴィーラとの結婚を約束して王党派との戦いに向かうが、帰国するとエルヴィーラは叔父・ジョルジョのはからいで、王党派の騎士アルトゥーロとの結婚式を控えていた。もとより二人が愛し合っていたことに加え、婚約者を奪ったアルトゥーロを憎むリッカルド。そんな中、アルトゥーロはヴァルトン卿の城内に幽閉されている女性エンリケッタが王の后であり、処刑の危機が訪れていることを知る。義侠心によりエンリケッタを助けるため逃亡を図るアルトゥーロ。そのアルトゥーロに立ちはだかり決闘を申し込むリッカルドだったが、策を講じ二人を逃がすのだった。アルトゥーロが結婚式直前に別の女性と逃げたと知ったエルヴィーラは、悲しみのあまり発狂してしまう。エンリケッタを無事に逃がし再び舞い戻ったアルトゥーロだったが、議会派に捕まり死刑を宣告される。アルトゥーロとの再会で狂気の世界から戻ったエルヴィーラだったが、またしても運命に引き裂かれる二人。幸せへの祈りは通じぬまま終わってしまうのだろうか。
スタッフ 指揮:竹内 聡   
演出:橘 裕之  
ピアノ:大野明子   
アンサンブル・フレスカリア
 ヴァイオリン:加藤美菜子
 ヴァイオリン:小倉勇樹
 ヴィオラ:安田貴裕
 チェロ:加藤皓平
 リード:渡辺将也
副指揮・合唱指導:横山慎吾・松田房之 
音楽スタッフ:大野明子・小池律子
照明:佐瀬佳明 
制作:フレスカリア制作部
キャスト アルトゥーロ:曽我雄一 
エルヴィーラ:細谷理恵子 
ジョルジョ:棚橋亘 
リッカルド:隠岐速人 
エンリケッタ:山下千夏 
ヴァルトン:中原和人 
ブルーノ:長谷川真澄 
合唱:フレスカリア合唱団
お問い合わせ おぺら団「フレスカリア」
090-6013-8872
frescaria_info@yahoo.co.jp
フレスカリアHP

チケット発売日

2012年10月20日(土)

入場料金

前売4,000円/当日4,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

おぺら団「フレスカリア」 090-6013-8872

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年1月19日(土)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=27537

トラックバック一覧