人形劇団ひとみ座『仮面人形劇「ロミオとジュリエット」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

人形劇団ひとみ座

『仮面人形劇「ロミオとジュリエット」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年3月13日(水)〜3月20日(水・祝)
会場 相鉄本多劇場
〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-1-22相鉄ムービル3F
PR・解説 「仮面」と「布」
あまりにもシンプルな人形たちと
その奥に広がる 劇的な可能性

ひとみ座人形遣いの精鋭たちが
ストイックに挑み 遣います

仮面人形劇「ロミオとジュリエット」は、渋谷にあった人形劇スナック『プルチネラ』で1973年に初めて上演されました。原作で対立する両家を金の仮面と銀の仮面で大胆に住み分けした当時の舞台は、人形劇は子どものものと思っていた観客に対して強烈な印象を生みました。
それからちょうど40年、今や伝説となった名作を、ひとみ座を代表する11人の人形遣いにより再演します。

※アフタートーク 13日(水)19:00の回終演後
 2012年7月にひとみ座新代表となった中村孝男と、演出家森元勝人が、シェイクスピア人形劇の魅力を語ります。
ストーリー ヴェローナの二つの名家、モンタギュー家とキャピュレット家。
両家には長い争いが続いていた。
ある舞踏会で出会うロミオとジュリエット。彼らは対立する両家の青年と娘だったが、その若さと純粋さゆえに、深い恋に落ちていった。
しかし、ジュリエットの従兄ティボルトが、ロミオの親友マーキューシオを殺してしまい、二人の運命は急速に狂い始めていく・・・。
スタッフ 原作 ウィリアム・シェイクスピア
脚色・演出 森元勝人
美術 片岡昌
音楽 雨宮賢明
音響 冨田愛
照明 石川哲次
振付 川合ロン
振付助手 菅野直子
舞台監督 森下勝史
演出助手 松島麗
宣伝美術 三浦佳子
制作 半谷邦雄
キャスト ロミオ 齋藤俊輔
ジュリエット 篠崎亜紀
マーキューシオ 中村孝男
ベンヴォーリオ 森下勝史
キャピュレット 龍蛇俊明
キャピュレット夫人 蓬田雅代
乳母 木俣かおり
ティボルト 来住野正雄
ロレンス神父 伊東亮
パリス伯 田中弘映
口上 小林加弥子
お問い合わせ 人形劇団ひとみ座
044-777-2225 / 044-766-0249
puppet@hitomiza.jp
人形劇団ひとみ座

チケット発売日

2013年1月21日(月)

入場料金

前売2,800円/当日3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

人形劇団ひとみ座 044-777-2225

チケット販売サイトへ

相鉄本多劇場 045-319-2150
横浜読売プレイガイド 045-201-9748
e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

カンフェティ

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2013年3月13日(水) 〜 3月20日(水・祝)

上演時間 約1時間20分

2013年3月

10 11 12 13
  • 19:00
  •  
  •  
14
  • 14:00
  • 19:00
  •  
15
  • 休演
16
  • 14:00
  • 19:00
  •  
17
  • 14:00
  •  
  •  
18
  • 14:00
  •  
  •  
19
  • 14:00
  • 19:00
  •  
20
  • 14:00
  •  
  •  
21 22 23

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=27807

トラックバック一覧