『ホテル マジェスティック 〜戦場カメラマン澤田教一 その人生と愛〜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

『ホテル マジェスティック 〜戦場カメラマン澤田教一 その人生と愛〜』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年3月7日(木)〜3月17日(日)
会場 新国立劇場 中劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町 1-1-1
PR・解説 今作品は、ベトナム戦争を撮影し、アメリカジャーナリズム界の最高峰“ピュリツァー賞”に輝いた戦場カメラマン、澤田教一とその妻サタ、そして同僚、親友らとの人間模様を、ベトナム戦争時、世界中のマスコミの取材拠点だった「ホテル マジェスティック」を中心に描くオリジナルストーリー作品となっています。

脚本は、『劇団方南ぐみ』の主宰者であり、テレビドラマや舞台の脚本は勿論、舞台演出、作詞等多方面で活躍する樫田正剛が担当。演出は、数多くのテレビドラマ、映画、そして舞台の演出を担当した星田良子が手掛けます。

澤田教一役には、映画やドラマ出演はもちろんのこと、現在は「アイアンシェフ」の主宰に挑戦中。さらに俳優のみならず歌手、カメラマンなど、多方面で活躍する玉木宏。舞台初出演にして初主演を務めます。教一を献身的に支える妻サタ役は、ドラマ、映画、舞台、ラジオパーソナリティは勿論、2007年からはワールド・ビジョン・ジャパンにて親善大使を務めるなど幅広く活躍する酒井美紀。アメリカの永住権取得を夢見て、アメリカ軍に所属する日本人の傭兵・湯川春生役には、現在、テレビドラマ「高校入試」に出演。歌手としても昨年夏ライブツアーを開催した徳山秀典。また教一と中学・高校の同級生だった中嶋謙三役は、劇団EXILEのメンバーとして映画・ドラマ・舞台など幅広く活動中の秋山真太郎。そして、教一と同じく戦場カメラマンを志願する平良かおる役には、元宝塚歌劇団男役トップスターであり退団後は数々のミュージカル、舞台に出演。さらに、ドラマ出演やコンサートなどもこなす紫吹淳。そして、教一が所属する通信社のサイゴン支局員、大河内竜司役には、ミュージカル「レ・ミゼラブル」など数多くの舞台に主演。2010年に第1回岩谷時子賞奨励賞受賞。文化芸能の発展のために精力的に活動している別所哲也。

以上の豪華キャスト・スタッフにより、2013年3月、東京・新国立劇場中劇場を皮切りに、大阪・森ノ宮ピロティホール、名古屋・名鉄ホールで全23公演、上演致します。
ストーリー 1956年、青森。写真店に勤める澤田教一(玉木宏)は11歳年上の女性、田澤サタ(酒井美紀)と結婚。
「カメラでサタさんを幸せにする」と心に誓った教一はその後、アメリカの通信社であるUPI通信に入社するも、編集の仕事ばかりでカメラマンの仕事には恵まれなかった。
そんな中、1965年にベトナム戦争の現場を取材すべく、1ヵ月の休暇を取って自費で単身現地入り。
世界中のジャーナリストが取材拠点とする「ホテル マジェスティック」のロビーに彼はいた。
そこには、UPIサイゴン支局員の大河内竜司(別所哲也)、女性戦場カメラマン・平良かおる(紫吹淳)、アメリカへの永住権取得を夢見て米軍の傭兵として働く湯川春生(徳山秀典)。そして教一の中学高校時代の同級生で商社マンの中嶋謙三(秋山真太郎)もいた。彼らの制止を振り切り、ベトナム戦争の最前線で撮影を続けた中の一枚「安全への逃避」が、アメリカジャーナリズム界の最高峰・ピュリツァー賞を受賞し、教一はトップカメラマンの仲間入りを果たす。
危険な戦場に身を置く教一を案じ「一緒に日本へ帰ろう」と言うサタ。「まだ帰れない」という教一。そこにはそれぞれの思いがあった…。
スタッフ 脚本:樫田正剛
演出:星田良子
美術:杉浦良一(日本ステージ)
照明:吉川ひろ子(ザ・サムシングエルス)
音響:山本 浩一(サウンドクラフトライブデザイン社)
映像:櫻井 明男(サウンドクルー)
衣裳:KO−SUKE
ヘアメイク:宮内 宏明(エムズファクトリー)
演出助手:山本 真一郎 (アルファソリューション)
舞台監督:山本 圭太
キャスト 玉木 宏 酒井美紀 徳山秀典  秋山真太郎(劇団EXILE) 紫吹 淳 別所哲也
足木俊介 海中省吾 成松慶彦 矢野義人 山内圭輔 山尾浩章
お問い合わせ サンライズプロモーション東京
0570-00-3337
受付時間:10:00AM〜7:00PM
*公式サイト

チケット発売日

2012年12月22日(土)

入場料金

8,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

フジテレビダイレクト

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:424-874

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-000-777
0570-084-003
Lコード:33303

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
0570-08-9999(オールジャンル)

チケット販売サイトへ

楽天チケット
ticket.rakuten.co.jp
ticket.rakuten.co.jp
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2013年3月7日(木) 〜 3月17日(日)

上演時間 約2時間30分
(休15分)

2013年3月

3 4 5 6 7
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
8
  •  
  • 14:00
  •  
9
  • 12:30
  •  
  • 17:30
10
  • 12:30
  •  
  • 17:30
11
  •  貸切
  •  
  •  
12
  • 休演
13
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
14
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
15
  •  
  • 14:00
  •  
16
  • 12:30
  •  
  • 17:30
17
  • 12:30
  •  
  •  
18 19 20 21 22 23

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=27869

トラックバック一覧