演劇企画集団 楽天団『ダーウィンへの最後のタクシー』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇企画集団 楽天団

『ダーウィンへの最後のタクシー』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

安楽死のためにオーストラリア大陸3000キロを旅した男の物語!!

公演データ

公演期間 2006年2月16日(木)〜2月21日(火)
会場 スタジオあくとれ
〒164-0001 東京都中野区中野2-11-2 サン中野マンション B1
PR・解説 演劇企画集団 楽天団は、国内・海外の演劇人との現代演劇の共同創作の企画・制作・上演を主な活動としています。今回はオーストラリアで俳優、音楽家としても活躍していたレグ・クリッブが、2003年に実話をもとに発表した作品です。作品は、シドニーオペラハウスで上演されパトリック・ホワイト賞を受賞。また彼の代表作“The Return”は現在映画化が進められています。日本では初紹介ではありますが、オーストラリア国内では最も期待される劇作家のひとりです。
また、今回は主役のマックスに藤井びんを迎え、劇団民藝の戸谷友を始め、個性的な俳優たちががっちり脇を固めています。どうぞ、ご期待下さい!!
ストーリー ブロークンヒルのタクシー運転手マックスは癌で余命いくばくもないと告知される。マックスは死ぬ前に海が見たいと、タクシーでオーストラリア大陸を縦断し、ダーウィンへと向かう。実はダーウィンのあるノーザンテリトリーでは安楽死法が一時的に施行され、マックスはその処置を受けるのである。
マックスは道すがら奥地のいくつかの町のパブを通り過ぎる。それらの町は人里離れており、そこに住む人々は死にたくなるほどの倦怠をパブでの深酒と馬鹿騒ぎで紛らわしている。マックスの旅の目的は新聞記事となり、彼の意思とは関係なく彼は有名人となる。ダーウィンへ着くと安楽死第1号として、マスコミや医師の思惑の渦の中に投げ込まれるが、マックスはひたすら安らかな死を切望している。そこへ連邦政府の介入があり…
スタッフ 演出=和田喜夫/作=レグ・クリッブ/翻訳=佐和田敬司/美術=香坂奈奈/音楽=園田容子/照明=平松 篤/音響=木下真紀/演出助手=須藤 鈴/舞台監督=神崎剛一 ほか
キャスト 藤井びん/戸谷 友(劇団民藝)/池田火斗志/富田三千代/木庭博光/丸 健介/出口恵子(E.G.WORLD)/さとりさとる/山前麻緒
お問い合わせ オフィス・ムベ
042-727-8640 / 090-9689-4450
office_mube@yahoo.co.jp

チケット発売日

2006年1月7日(土)

入場料金

前売・予約3,000円/学生2,500円/当日3,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

演劇企画集団 楽天団
オフィス・ムベ 042-727-8640

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:366-557

公演日程

2006年2月16日(木) 〜 2月21日(火)

上演時間 約1時間50分

2006年2月

12 13 14 15 16
  • 19:00
  •  
  •  
17
  • 19:00
  •  
  •  
18
  • 14:00
  • 19:00
  •  
19
  • 15:00
  •  
  •  
20
  • 14:00
  • 19:00
  •  
21
  • 15:00
  •  
  •  
22 23 24 25

後援:オーストラリア大使館

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2789

トラックバック一覧